同社初の富士フイルムXマウントモデル

タムロン、世界初16.6倍ズームレンズの開発発表。APS-C対応でX/Eマウントを用意

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年07月21日
タムロンは、同社初となる富士フイルムXマウント用レンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD(Model B061)」を開発発表。ソニーEマウント用レンズと合わせて、2021年内の発売を予定する。価格は未定。

「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Xマウント用)

世界初となる、ズーム比16.6倍を実現したAPS-C対応の高倍率ズームレンズ。35mm判換算で27mmの広角域から450mmの超望遠域を1本でカバーする。

AF駆動には、静粛性と俊敏性に優れたリニアモーターフォーカス機構VXD(Voice-coil eXtreme-torque Drive)を採用。独自の手ブレ補正機構VC(Vibration Compensation)も搭載する。

レンズには特殊硝材をバランス良く配置し、画面の中心から周辺まで高い描写性能を追求。近接撮影性能も特徴で、広角端での最短撮影距離は0.15m、最大撮影倍率は1:2となる。

ほか、フィルター径はφ67mmで、同社ミラーレス用レンズシリーズとの互換性に配慮。撮影サポート機能として、簡易防滴、防汚コート、ズームロックスイッチ機構なども備える。

関連記事