業務用シネマカメラの技術を応用して開発

パナソニック、世界初の6K24p動画記録対応ミラーレス「LUMIX S1H」。今秋製品化予定

編集部:杉山康介
2019年06月03日
パナソニックは、世界で初めて6K24p(縦横比3:2)、5.9K30p(同16:9)、10bit Cinema4K/4K 60p動画記録に対応したフルサイズイメージセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1H」を開発したことを発表した。同製品はロサンゼルスで開催中の映画撮影機材の展示会「Cine Gear EXPO 2019」に参考出展されており、今秋を目処に製品化し、グローバル市場に導入予定だとしている。

パナソニック、「LUMIX S1H」開発を発表

同社が業務用シネマカメラの開発で培った知見と技術を“LUMIX Sシリーズ”に応用・開発した、シネマクオリティの動画性能とミラーレス一眼カメラならではの優れた機動性を有するというモデル。映画制作のニーズに応える画質や性能を実現するとともに、撮影機材の重さや大きさによる制約を軽減し、新たなアングルやスタイルで撮影できるなど、映像表現の可能性を広げるとしている。

6K24p(縦横比3:2)や5.9K30p(同16:9)の動画記録、10 bit Cinema4K/4K 60pへの対応をデジタルカメラとしては世界で初めて実現。縦横比4:3のアナモフィック撮影をはじめとするさまざまなフォーマットでの撮影が可能となっている。

同社の業務用4Kシネマカメラ「VARICAM」と同水準の広ダイナミックレンジで広色域の14+ストップV-Log/V-Gamutに対応。V-Log搭載のVARICAMシリーズやV-Log L対応カメラ「LUMIX GH5/GH5S」などで記録した映像と組み合わせ、一貫した絵作りで映像編集することも容易だという。

また、搭載する全ての動画記録モードで、動作保証温度において時間無制限の撮影が可能とのこと。なお、記録時間はバッテリーとメモリーカードの容量に依存する。

同社はLUMIX Sシリーズに同製品を加えてラインナップを拡充し、世界中のプロフェッショナルの感性に応え、デジタル時代の新たな写真・映像文化の創造に挑戦していくとコメントしている。

関連記事