常設のギャラリー&ショウルーム

パナソニック、銀座に「LUMIX GINZA TOKYO」を4月20日オープン

編集部:小野佳希
2019年04月02日
パナソニックは、デジタルカメラ “LUMIX” の常設ギャラリー&ショウルーム「LUMIX GINZA TOKYO」を東京・銀座へ4月20日にオープンさせる。

LUMIX GINZA TOKYO 外観イメージ

住所は東京都中央区銀座5丁目1-8 銀座MSビルの1階・2階で、東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分、JR「有楽町駅」「新橋駅」より徒歩5分のアクセス。営業時間は11:00〜19:00(月曜日定休)。

1階ショウルーム(イメージ)

ショウルームでは、2019年3月に発売を開始したパナソニック初の35mmフルサイズイメージセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「LUMIX S」シリーズ(関連ニュース)をはじめ、LUMIXブランドの各製品を実際に試すことが可能。

2階ギャラリー(イメージ)

ギャラリーでは、写真・映像作品発表の場として、LUMIXを愛用するプロのフォトグラファーやビデオグラファーによる作品の数々を展示。「卓越した表現力や心を揺さぶる質感描写などプロの作品を通じて、新たな写真・映像文化を広めていく」としている。

また、新製品を紹介するセミナーや、企業や著名なフォトグラファーとコラボレーションしたイベントなども開催。LUMIXによる写真撮影や映像制作の楽しみを提案するとともに、写真・映像を愛する人々による交流の場づくりを目指すという。加えて、専門スタッフによる個別アドバイスや修理相談・受付などを行う「LUMIX コンシェルジュサービス」も提供する。

なお、プロフェッショナル向けサポートサービス拠点も、現在の東京・秋葉原からLUMIX GINZA TOKYOに近い銀座エリアに移し、「LUMIX PROサービス」として4月22日(月)から運用を開始。LUMIX PROサービスの住所は東京都中央区銀座7丁目5-19で、営業時間は10:00〜17:00(土・日・祝日は休業)。

関連記事