各種自分撮りやスマホ連携を強化

オリンパス、動画でもセルフィー撮影できるミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-PL8」

編集部:小野佳希
2016年10月13日
オリンパスは、ミラーレス一眼カメラ“OLYMPUS PEN”の新モデルとして、自分撮りやスマートフォンとの連携機能を高めた「E-PL8」を11月下旬に発売する。ホワイト/ブラック/ブラウンの3色を揃え、ボディ単体は8万円前後での実売が予想される。

OLYMPUS PEN E-PL8

また、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」をセットにした14-42mm EZレンズキット(予想実売価格95,000円前後)と、さらに「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」レンズも同梱するEZダブルズームキット(予想実売価格11万円前後)も用意している。

タッチパネル式で下開きに約180度、上方向に約80度稼働する3.0型モニターを搭載。下開きのため、タッチした指の映りこみを気にせず、快適に撮影を行えるとしている。また、ボディー前面のグリップはセルフィー時のホールド性も追求し、指がかりしやすく、すっきりとボディーになじむ形状を採用したという。

モニターを下開き状態にすると「セルフィーモード」が起動し、モニターに映る画像が自動でミラー表示に切り替わる。モニター表示にはeポートレートボタン、シャッターボタン、カスタムセルフタイマー切り替えボタンに、明るさ調整ボタンと「クリップス」選択ボタン、動画撮影ボタンが加わり、様々な操作をタッチで行えるようになった。

さらに、動画用のセルフィーモードを新たに搭載。動画用セルフィーモードでは、セルフィー動画の撮影をよりスムーズに行えるよう、動画開始ボタン、明るさ調整ボタン、「クリップス」選択ボタンに加えて“ムービーエフェクト”選択ボタンが表示される。

また、シャッターボタンはタッチ1秒後に撮影するよう設定されており、その間に視線を指先からレンズに戻し、カメラ目線をとらえてセルフィー撮影が行えるよう配慮。なお「eポートレート」は、肌をなめらかに表現することができるモードとなる。また電動ズームレンズ装着時には、自動で広角端にズームが移動するため、セルフィーに最適な広い画角で素早く撮影を始められるとしている。

加えて「アートフィルター」をセルフィー撮影時にも使用可能。ライブビューで効果を確かめながらフィルターを選択できる。また、複数の写真を組み合わせて1枚の写真に仕上げる「フォトストーリー」では、「アートフィルター」をフレームごとに選択できるようになった。

Wi-Fiを内蔵し、「OLYMPUS Image Share (OI.Share)」アプリをインストールしたスマートフォンとの連携が可能。本機で撮影した写真をスマホ経由で簡単にSNSにアップロードしたり、スマホをリモコンとして使うことなどができる。

動画機能では、撮影した複数のショートムービーをつなぎ合わせ、BGMやエフェクトを加えて1本のムービーに仕上げる「クリップス」を搭載するほか、アートフィルターも静止画同様に使用可能。古い映画の映像のような味わいを楽しめる「オールドフィルム」など4種類の「ムービーエフェクト」も備えている。

1,605万画素Live MOSセンサーを搭載し、画像処理エンジンには、オリンパスのミラーレス一眼カメラの「OM-D E-M1」と同じ「TruePic VII」を採用。VCMボディー内手ぶれ補正が加わることで、夜景や暗い室内での撮影でも、ぶれを抑えたシャープな高画質が得らるとしている。

デザインは「OLYMPUS PEN」シリーズの特長を引き継ぎ、ファッションアイテムとして持つこともできる洗練されたデザインに仕上げたと同社は説明。「OLYMPUS PEN」のロゴの箔押しや、ボディー上部のアルマイト処理、金属素材のダイヤルなど、細部まで上質さにこだわったという。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドOLYMPUS
  • 型番OLYMPUS PEN E-PL8
  • 発売日2016年11月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後/ボディ単体)

関連記事