高さ2.2mからの耐落下衝撃性能など装備

リコー、水深14mで撮影できるタフネスコンデジ「WG-5 GPS」

ファイル・ウェブ編集部
2015年02月10日
リコーイメージング(株)は、水深14mで写真撮影が行えるタフネス仕様のコンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-5 GPS」を3月13日に発売する。価格はオープンだが、3万円台後半での実売が予想される。本体カラーはオレンジとガンメタリックの2色をラインナップする。

RICOH WG-5 GPS(オレンジ)

RICOH WG-5 GPS(ガンメタリック)

水深14mの防水性能(IPX8)と、高さ2.2mからの耐落下衝撃性能、IPX6相当の防塵性能、マイナス10℃でも動作が可能な耐寒性能を備えたモデル。さらに、100kgfまでの重さに耐える耐荷重構造としている。

撮像素子には、有効約1600万画素の1/2.3型CMOSセンサーを搭載。最高ISO感度6400をサポートする。レンズには、広角側で開放F値2.0を実現する明るい大口径の光学4倍ズームレンズを採用。レンズ構成は7群9枚(非球面レンズ4枚使用)。水中や夜景、屋内スポーツなど光量の限られた場所でも、ノイズを抑えた高画質画像を実現する。

高感度によるぶれ軽減(高感度モード:静止画)と電子式(Movie SR:静止画/動画)のデュアル手ぶれ補正を搭載。また、フルHD(1920×1080ピクセル)サイズの動画撮影にも対応する。

記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード、Eye-Fi カードに対応する。

機能面では、シーンに合わせてホワイトバランスを最適化したほか、マーメードモード専用のフラッシュ撮影モードも追加。さらに画像仕上げ機能として、同社製一眼カメラで好評だという"雅(MIYABI)" と"リバーサル"を追加するなど、さまざまな写真表現を楽しめるようにしている。

広視野角の3.0型ワイド液晶モニターを搭載。本体にはGPSユニットを内蔵し、撮影した画像への位置情報記録や移動時のログを記録可能。気圧・高度/水深計、電子コンパスなど、アウトドア使用時の利便性を高めた仕様としている。

【問い合わせ先】
リコーイメンージング お客様相談センター
TEL/0570-001313
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドRICOH
  • 型番RICOH WG-5 GPS
  • 発売日2015年3月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円台後半)
【SPEC】●有効画素数:約1600万画素 ●撮影素子:裏面照射型 1/2.3型CMOS ●ズーム:光学4倍、デジタルズーム 約7.2倍、インテリジェントズーム 最大 約28.8倍 ●記録媒体:内蔵メモリー 約70MB、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、Eye-Fiカード ●液晶モニター:広視野角3型ワイド、約46万ドットLCD ●連続駆動時間:静止画撮影時…約240コマ、再生時…約200分 ●外形寸法:約125W×64.5H×32Dmm(操作部材、突起部除く) ●質量:約236g(電池、メモリーカード含む)

関連記事