ローパスフィルターレス「X-Trans CMOS II」センサー搭載

富士フイルム、タイムラグ0.005秒のEVF搭載ミラーレス一眼「X-T1」

ファイル・ウェブ編集部
2014年01月28日
富士フイルムは、0.77倍の表示倍率と0.005秒のタイムラグを実現した電子ビューファインダーを搭載するミラーレス一眼カメラ「X-T1」を2月15日より発売する。

X-T1 ¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
X-T1/XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS(レンズキット) ¥OPEN(予想実売価格190,000円前後)

「X-T1」(フジノンレンズ「18-55mmF2.8-4 R LM OIS」装着時)

ディスプレイ部

本機は独自開発のAPS-Cサイズ・センサー「X-Trans CMOS II」(1,630万画素)を搭載し、ローパスフィルターレス仕様を採用。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えている。さらに、画像処理エンジン「EXRプロセッサーII」との組み合わせにより、解像感の向上と低ノイズを実現したという。

また高感度におけるノイズを低減させるため、プロセッサーのノイズ低減処理と、基板の設計レベルから見直した実装技術を融合。最高でISO 51200の設定が可能となった。さらに、独自の画像処理技術「点像復元処理」搭載。レンズごとの光学性能や特性を元に、回折現象などの光学的影響を補正することができる。

0.5型の有機EL・電子ビューファインダー(236万画素)は、表示タイムラグを0.005秒にまで抑え、ファインダー倍率0.77倍、水平視野約31度を実現している。

独自の像面位相差AFによる0.08秒の高速AFも実現。「EXRプロセッサーII」により、起動時間0.5秒、シャッタータイムラグ0.05秒、撮影間隔0.5秒を可能としている。また、位相差AF情報と動体予測AFの組み合わせにより、AF追従しながら約8.0コマ/秒の高速連写もできる。

タフネス仕様も実現。カメラ本体の約80か所に施されたシーリングによる防塵・防滴構造を採用し、-10℃の耐低温性能も備えている。ボディ筐体には、剛性の高いマグネシウム合金を採用。ダイヤルはアルミ削り出しの金属製となる。モニターには104画素のチルト式液晶を搭載し、前面には強化ガラスを採用。動画は1,920×1,080/60pまでの撮影が可能だ。

専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」(無料)をスマートフォンやタブレット端末にダウンロードすれば、離れたところからワイヤレスでシャッターや露出などの操作ができる。この「リモート撮影」では、タッチAF、シャッタースピードに加え、様々な撮影設定や、動画撮影も可能だ。

さらに「ワイヤレス通信」機能を使えば、ワンタッチ操作で写真や動画をスマートフォンなどに転送したり、カメラ内の写真や動画をスマートフォン上で閲覧して選択、取り込むことができる。スマートフォンなどで取得した位置情報を画像に付加することも可能。Wi-Fiにも対応しており、カメラ内のデータをパソコンにバックアップすることもできる。

記録メディアはSDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード。外形寸法は129W×89.8H×46.7Dmm、質量は約449g(バッテリー、メモリーカード含む)。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドFUJIFLIM
  • 型番X-T1
  • 発売日2014年2月15日
  • 価格ボディ:¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
【SPEC】●有効画素数:1630万画素 ●撮影素子:23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ)X-Trans CMOS IIセンサー 原色フィルター採用 総画素数1670万画素 ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型 3:2アスペクト チルト式TFTカラー液晶モニター 約104万ドット ●外形寸法:129.0W×89.8H×46.7Dmm ●質量:約440g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

関連記事