HOME > ニュース > NOBUNAGA Labs、最上位リケーブル「SUPREME」に両出しモデル「鳳陽 極」「天籟 極」

3.5mmと4.4mmの2タイプ

NOBUNAGA Labs、最上位リケーブル「SUPREME」に両出しモデル「鳳陽 極」「天籟 極」

2024/02/09 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
WiseTechは、NOBUNAGA Labsブランドのイヤホンリケーブルフラグシップモデル「SUPREMEシリーズ」に、3.5mm×2の両出しに対応した「鳳陽 極」と「天籟 極」の2機種を追加。2月16日より発売する。オープン価格だが税込で各66,450円前後での実売が予想される。

鳳陽 極(型番:NLS-HYU-KWM)

ヘッドホン側との接続に際して、左右のハウジングに1本ずつケーブルを挿す、いわゆる両出しに対応したモデル。プレーヤー側との接続端子に3.5mmプラグを採用した「鳳陽(ほうよう) 極(型番:NLS-HYU-KWM)」と、4.4mmプラグを採用した「天籟(てんらい) 極(型番:NLS-TER-KWM)」の2タイプを展開する。

天籟 極(型番:NLS-TER-KWM)

線材には、4N純銀金メッキ線を16芯構成で使用。16芯構成にすることで、「音像定位と情報量が格段に向上し、音の粒立ちや解像度が増し、これまで以上に明瞭かつ立体的で広大な音場と実在感のある音像、そして、かつてないほど重厚で濃密な臨場感を実現する」とアピールしている。また、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性向上も図っている。

外被には柔軟性・耐摩耗性・弾性・靭性などで優れた特性を持つというTPUを採用。取り回しがしやすいよう配慮したほか、タッチノイズの低減化も実現させている。

バランス接続に対応したプレーヤーおよびヘッドホンにも本製品を使用可能。 16芯編み込み構成は、バランス接続の効果を最大限に発揮できるよう設計しているという。

また、電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブルの編込みピッチを均等化。これによって、伝送特性が変化しないように配慮している。

プラグ部分は、24K金メッキ処理を施した高品質な日本製を採用。フラッシュメッキ処理の後、特殊処理を施すことにより、メッキ剥がれや酸化侵食などを防止している。加えて、シェル部分はNOBUNAGA Labsオリジナルのマットブラックデザインを採用することで高級感を演出している。

ヘッドホンとの接続側プラグは、長軸かつスリムシェル仕様にすることで、従来のヘッドホンケーブルよりも幅広い機種に対応可能になった。また、L側が黒・R側が赤で左右を見分けられるようにしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック