HOME > ニュース > ANIMA、完全ワイヤレス「ANW02」にイラストレーター「森倉円」描き下ろしイラストパッケージ版

数量限定

ANIMA、完全ワイヤレス「ANW02」にイラストレーター「森倉円」描き下ろしイラストパッケージ版

2023/11/10 編集部 : 伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ピクセルは、ANIMAの完全ワイヤレスイヤホン「ANW02」に、人気イラストレーター『森倉円』による数量限定の描き下ろしイラストパッケージ版を11月17日より発売する。価格は33,980円(税込)。

イラストレーター「森倉円」描き下ろしイラストパッケージ版

ANW02」は、今年7月に発売されたハイレゾ・ロスレスコーデックの採用やLE Audio対応など機能を強化した完全ワイヤレスイヤホンで、カラーバリエーションのブラック、グレーの両色ともに同じパッケージとなる。今後もこのような形態によるイラストレーターとのコラボパッケージ版の発売を予定しているとのこと。

パッケージーイメージ

イヤホンの製品仕様に変更はなく、Snapdragon Sound認証を取得し、コーデックはSBC/AAC/aptXに加え、96kHz/24bitまでのハイレゾ音源を再生できるaptX Adaptive、44.1kHZ/16bitのロスレス再生ができるaptX Losslessに対応。最大32kHzの高音質通話が可能なaptX Voiceにも対応する。

ドライバーは、Acoustune独自技術「ミリンクスドライバー」の知見をもとに、有線機のドライバーと同等の設計要件で新開発した10mm径のダイナミック型「El-CoClear(エル-コクリア)振動板」を搭載。また、SoC内部のDSPのカスタムによって、ドライバーの潜在能力を引き上げ特性を最大限活かすことを目指した独自のデジタル信号処理「S.A.L.T」を採用している。

「ANW02」

最終的なサウンドチューニングはサウンドプロデューサー・コンポーザー・DJとして活躍するTAKU INOUE氏が監修する。「LATE NIGHT」「TWILIGHT」「DAWN」の3種類のチューニングパターンを搭載し、専用の機能拡張アプリ「ANIMA Studio」から設定することが可能だ。

機能面では次世代のBluetoothオーディオ規格「LE Audio」に対応し、1台の携帯端末で複数台のANW02を接続できるほか、通信の高品質性と低消費電力を兼ね備える「LC3コーデック(Low Complexity Communications Codec)」が使用可能。最大2台の端末にペアリング可能な「マルチポイント接続」にも新たに対応する。

連続時間はイヤホン単体で約14時間(aptX接続時)、ケース充電併用で最大約42時間。仕様状況にあわせて省電力化する「パワーマネジメント機能」の搭載、ケースはワイヤレス充電に対応する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク