HOME > ニュース > NOBUNAGA Labs、3.5mm 4極入力対応4.4oバランスヘッドホンケーブル「黒龍」の一般販売を開始

数多くの要望に応えて

NOBUNAGA Labs、3.5mm 4極入力対応4.4oバランスヘッドホンケーブル「黒龍」の一般販売を開始

2023/10/13 編集部 : 伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ワイズテックは、NOBUNAGA Labs“Advanceシリーズ”の3.5mm 4極入力対応4.4oバランスヘッドホンケーブル「黒龍(こくりゅう)」の一般販売を、本日10月13日(金)より開始する。価格はオープンだが、税込22,000円前後での実売が予想される。

「黒龍」

黒龍」は、今年6月に発売された3.5mm 4極入力のバランス対応ヘッドホンケーブル。これまで直販サイト限定で販売されていたが、ユーザーや販売店から多数の要望を受け、この度家電量販店や専門店での一般販売が決定した。

OFC錫メッキ8芯ケーブル

製品仕様に変更はなく、独自技術を用いたOFC錫メッキ8芯ケーブルを採用。自然で広がりのある豊かな音場と、奥行き感のある緻密で芯の太いサウンドを再生するという。導体のプラス側とマイナス側の撚り方向を対称にする「Symmetric Braid Matrix(シンメトリックブレイドマトリックス)」を採用する。

バランス接続は、プレーヤーのLRそれぞれに独立したアンプを使用することで、クロストークが極限まで抑制され、正確な定位感と空間表現を可能にする。バランス接続の効果を最大限に発揮できるように設計された8芯編み込み構成を採用する。

プレーヤー側の4.4mm 5極ストレート型プラグには、コンタクト部すべてに金メッキ処理を施して優れた電気伝導性を実現。フラッシュメッキ工程に特殊処理を施すことで、メッキはがれや酸化侵食を防止する。プラグシェルにはシンプルながら高級感あふれるブランドオリジナルのマットブラックデザインを採用している。

4.4mm5 極プラグ

ヘッドホン側の3.5mm 4極ストレート型プラグには、同社「NLP-PRO-IS3.5/4」を採用。プラグ本体にはコンタクト部すべてに金メッキ処理が施され、分離能力を最大限に発揮するという。

高い分解力を引き出すWBT無鉛銀ハンダを採用。音の輪郭を正確に描写し、微細な音までリアルに表現する。-156℃/72時間の独自クライオ処理を施し、分子配列の歪みを取り除いて電気抵抗値を抑制。これによりノイズや歪みを低減し、クリアで立体的な空間表現や高S/N比を実現する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック