HOME > ニュース > 【東京ゲームショウ】ソニー、INZONE初の完全ワイヤレスイヤホン投入か

アイ・オー・データはGigaCrystaシリーズをアピール

【東京ゲームショウ】ソニー、INZONE初の完全ワイヤレスイヤホン投入か

2023/09/21 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
東京ゲームショウ2023が開幕。本稿では、ソニーのゲーミングブランド「INZONE」の新製品情報も明かされたXperiaブースと、ゲーミングモニター「GigaCrysta」の各モデルを試せるアイ・オー・データのブースをレポートする。

XperiaとINZONE製品を組み合わせて体験可能

Xperiaのブースでは、INZONEのヘッドセット「H9」と「Xperia 1 V」とを組み合わせて、正式サービス開始前のモバイルゲーム「ディビジョン リサージェンス」や「レインボーシックス モバイル」、人気作「原神」「アイドリッシュセブン」を試遊することなどが可能。

正式サービスイン前の作品を試遊できる

さらに、プロeスポーツチーム「Fnatic」とコラボレーションして新製品の開発を行っていることも公表。ティザー動画も公開しており、その新製品は完全ワイヤレスイヤホンであることが伺い知れる。INZONEブランドとしては初の完全ワイヤレスイヤホンが投入されることになりそうだ。



そのほか、試遊の順番待ちスペースではXperiaの高いゲーミング能力を紹介する映像なども上映。分解モデルも展示したり、クアルコムの最新チップSnapdragon 8 Gen2によっても高い処理能力を実現したことを紹介している。

分解モデルの展示も

アイ・オー・データは、ゲーミングモニター「GigaCrystaシリーズ」各種を展示。360Hz対応機「LCD-GC251RXAB」と240Hz対応機「LCD-GC253U」との比較試遊や、4K/160Hz対応で “PS5のフルスペックを楽しめる” としている「LCD-GCU271HXAB」など、幅広いラインナップを体験することができる。

アイ・オー・データのブース

そのほか、「ストリートファイター6」の対戦プレイを通じて広視野角パネルの魅力をアピールするコーナーなども展開。また、製品体験用コンテンツとして、発売前の「インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険」を先行プレイすることもできる。

4K/160Hz対応モデル「LCD-GCU271HXAB」

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク