HOME > ニュース > JBL、スポーツ用完全ワイヤレス 「ENDURANCE PEAK 3」。外音取り込み新対応/イヤーフックも改良

トークスルー機能なども搭載

JBL、スポーツ用完全ワイヤレス 「ENDURANCE PEAK 3」。外音取り込み新対応/イヤーフックも改良

2022/09/08 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ハーマンインターナショナルは、スポーツ用途を意識したイヤーフックタイプを採用し、新たに外音を取り込める「アンビエントアウェア」機能を装備するなどした完全ワイヤレスイヤホン「JBL ENDURANCE PEAK 3」を9月16日より発売する。ブラック、ブルー、ホワイト、コーラルの4色をラインナップし、オープン価格だが直販サイトでは15,400円(税込)で販売する。

JBL ENDURANCE PEAK 3

スポーツシーンに特化した仕様と機能を揃えた「ENDURANCE(エンデュランス)シリーズ」最新モデル。独自設計のイヤーフックやIP68相当の防水防塵対応、45度までの耐熱性能など、スポーツを意識した仕様を数多く採用している。

全4色のカラーバリエーションを用意

イヤーフックを前モデルより改良し、よりしなやかでフレキシブルな設計を採用した。個々の耳に合わせた形状調整がしやすいだけでなく、長時間の着用でも耳が痛くなりにくい仕様になったという。また、しなやかさが増したことにより、本体とフック部分がマグネットにより引き合うことで電源のオン/オフができる「パワーフック」機能もさらに使用しやすくなったとアピールしている。

女性がコーラルモデルを装着したところ

そのイヤーフックには、人間工学に基づく研究から開発した素材「フレックスソフト」を引き続き採用。今回からイヤーフック内の金属製ワイヤーを排除したことで、さらにソフトに、フレキシブルに耳の形状変化に対応できるようになったとのこと。イヤーチップもS/M/Lの3サイズが付属し、自身で最大限フィットする着け心地のサイズを選んで遮音性を高められる。

なお、耳から抜け落ちにくくする「ツイストロック構造」や、人間工学に基づく研究から開発した「フレックスソフト」イヤーチップも引き続き採用。これらにより、しっかりとした装着感と高密閉性を実現したとしている。

そして前述のように、外音取り込み機能「アンビエントアウェア」を新搭載。声の周波数のみ拾うことで、つけたままでも快適に会話ができるようにする「トークスルー」機能も搭載し、トレーニング中の着脱ストレス低減を図っている。

イヤホンに戻されるマイク入力の音を制御して、自分の声と周囲の音量を選択できる「ボイスアウェア」機能も初搭載。イヤホンを通して自分の声を聞くことも可能なため、必要以上に大きな声で話すことなく、オンラインレッスンなどで質の高い双方向のコミュニケーションを楽しめるという。

バッテリー性能も前モデルから強化し、イヤホン本体が約10時間 、充電ケースが最大約40時間の最大約50時間使用可能に。約10分の充電で約1時間再生な急速充電機能にも対応している。

防水機能もIP68に進化し、防塵にも対応。本体の汚れが気になる場合でも水洗いで清潔に保つことができると説明。さらに、耐熱性能も兼ね備えたことで、使用できる環境や場所に縛られず、ホットヨガなど様々なアクティビティとともにJBLサウンドを楽しめるとしている。

本体はタッチ操作式で、新たに専用アプリ「JBL Headphones」へも対応。フィット感や音質などをスマートフォンアプリで調整できるようにもなった。

ドライバーサイズは10mmで、Bluetoothのバージョンは5.2。SBCおよびAACコーデックに対応する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク