HOME > ニュース > クリエイティブ、7.1chサラウンド対応のスティック型DAC「Sound Blaster X1」

Super X-Fiに対応

クリエイティブ、7.1chサラウンド対応のスティック型DAC「Sound Blaster X1」

2022/08/04 編集部:平山洸太
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
クリエイティブメディアは、スティック型のUSB-DAC「Sound Blaster X1」を8月上旬に発売する。価格はオープンだが、直販ストアでは8,900円(税込)で発売予定。また同ストアでは発売記念として、8月19日11時59分まで10%OFFの8,010円(税込)で販売する。

「Sound Blaster X1」

PCやMac、PS5、Nintendo Switchに対応するUSB-DAC。DACチップにはAKM「AK4377」を搭載し、最大で96kHz/24bitの再生に対応する。またPCおよびMacとの接続時には、7.1/5.1chのマルチチャンネル再生も利用できる。

さらにマルチチャンネルのスピーカーシステムの聞こえ方を再現する「Super X-Fi」をサポート。各個人の特徴に合わせてプロファイルを作成することで、より自然は音場のサラウンドを楽しめるとしている。

使用イメージ

オペアンプにはバーブラウン「INA1620」を採用することで、最大600Ωまでの高インピーダンスヘッドホンに対応する。ヘッドホン端子はφ3.5mmで、CTA仕様4極のため、対応イヤホンやゲーミングヘッドセットでの通話も可能となる。

さらに、PC用ソフト「Creativeアプリ」と組み合わせることで、発言する際だけマイクが有効になるVoiceDetect機能や、自分と相手の環境ノイズを低減するNoiseClean機能、エコーキャンセルなどの音質改善機能も利用できる。

手に持った様子

Creativeアプリでは、Sound Blasterのサラウンド技術による7.1chのバーチャルサラウンドをはじめ、ダイナミックレンジの改善、重低音のエフェクトといったカスタマイズ、ゲーム用に環境音を聞きやすくするScout Modeなどを備えたAcoustic Engine オーディオエンハンスメントが利用できる。

本体には電源と音量調整のほか、Super X-Fiボタン、再生/一時停止やマイクのミュート/ミュート解除が可能なマルチファンクションボタンを備える。外形寸法は約9.7×175×67mmで、質量は約15g。インターフェースはUSB Type-Cで、接続用のUSB C to Cケーブル(約8cm)も付属する。

加えて、同社ホームページ内の直販ストアで本製品を購入したユーザー向けに、イヤホンのプレゼントキャンペーンを実施。8月19日11時59分までの購入が対象で、BAドライバー搭載のイヤホン「Aurvana In-ear2 Plus(非売品)」が数量限定で用意される。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック