HOME > ニュース > SPOTV NOW、プレミアリーグの日本配信権を獲得。8月開催予定の第1節から配信開始

MLBの2022年シーズン公式戦も配信中

SPOTV NOW、プレミアリーグの日本配信権を獲得。8月開催予定の第1節から配信開始

2022/04/15 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)LIVE SPORTS MEDIAが運営するスポーツ専門の定額制動画配信サービス「SPOTV NOW(スポティービーナウ)」は、2022/23シーズンよりプレミアリーグ(イングランド1部)を配信することを発表した。

スポーツ専門の定額制動画配信サービス「SPOTV NOW(スポティービーナウ)」

SPOTV NOWは、スマートフォン、タブレット、パソコンからMLBをはじめ、Wリーグ(女子バスケ)、ホッケー女子リーグ、Fリーグ女子など国内女子トップリーグの試合をライブ配信にて視聴することができるスポーツ専門の定額制動画配信サービス。

同社の親会社となる韓国ECLAT MEDIA GROUPがプレミアリーグの韓国および日本での放送・配信権を取得したことにより、SPOTV NOWを通した日本配信が決定した形。なお、同サービスはABEMAとのパートナーシップの下、MLBの2022年シーズン公式戦の生中継配信も実施している。

プレミアリーグの配信開始予定日は、8月開催予定のプレミアリーグ第1節からを予定しており、対象試合はイングランド1部の全試合としている。視聴可能な試合や配信開始日などの詳細については、今後SPOTV NOWサービス内で順次アナウンスされるとのこと。

2022/23シーズンよりプレミアリーグ(イングランド1部)を配信を行なう

また、配信される試合については、いわゆる“ビッグ6”とも呼ばれるチームを中心に日本語実況・解説を行う。

同サービスの支払いプランは月額制、年額制を用意しており、利用料金は月額の場合1,300円、年額プランの場合は9,900円となる(すべて税込)。支払い方法についてはクレジットカード決済や、Appleサブスクリプション(月額制のみ)、Google play決済、キャリア決済などの方法に対応する。なお、国内女子トップリーグ各種コンテンツについては、無料会員登録をすることで無料視聴することができる。

日本におけるプレミアリーグの配信は、現在DAZN(ダ・ゾーン)が行っているが、来季22/23シーズンについては現時点においてDAZNは配信権を保有しておらず、関係者との協議を継続していく考えを表明している

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク