HOME > ニュース > ゼンハイザー、オーディオファイル製品の生産拠点をアイルランドに集約。設計はドイツで継続

HD 600/HD 800/IE 900などの製造体制が変更に

ゼンハイザー、オーディオファイル製品の生産拠点をアイルランドに集約。設計はドイツで継続

2021/12/23 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ゼンハイザーは、コンシューマー部門におけるオーディオファイル製品カテゴリーのトランスデューサーやヘッドホンの製造/組み立ての全工程を、アイルランドの生産拠点に集約したことを発表した。

同社によれば、アイルランド生産拠点はこれまで同社製高性能トランスデューサーの製造や、“ブランドの顔"であるヘッドホン「HD 600」系統の組み立て、その他多くの同社製品用トランスデューサーの生産などを長年に渡り担当してきた、優れた専門性を有する生産チームだという。

今回、このアイルランド拠点へ、オーディオファイルカテゴリー製品の生産からテストに必要なマシンをすべて移管。開発/デザインは従来どおりドイツで、製造/組み立てはアイルランドで一括して行う体制とし、ゼンハイザースタッフによる製造を継続していくとしている。

これに伴い、現在の同社ラインナップのうち「HD 600」「HD 650」「HD 660S」「HD 800 S」「HD 820」「HDV 820」「IE 900」「HE 1」の8製品を対象に、製品ページの更新や在庫の切り替えが順次実施されることとなる。なお、生産国における製品の購入希望には応じられないとのこと。

同社では今回の拠点集約について、「ゼンハイザーの核となるトランスデューサー及び製品の品質を保証するだけでなく、将来的な品質のさらなる向上へとつながり、今までもこれからも極上のリスニング体験を創出します」とコメントしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック