HOME > ニュース > ドン・キホーテ、放送チューナーレスの“ネット動画専用”Androidスマートテレビ

42型と24型の2サイズ展開

ドン・キホーテ、放送チューナーレスの“ネット動画専用”Androidスマートテレビ

2021/12/06 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ドン・キホーテは、あえて放送チューナーを非搭載にした、『AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ』を、12月10日より全国の系列店舗で発売する。42型と24型の2サイズ展開で、価格は42型が32,780円、24型が21,780円(いずれも税込)。ドン・キホーテのオリジナルブランド「情熱価格」での展開となる。

AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ

あえてチューナーを外し、Android OS(Android 9 Pie)を搭載することで、インターネットでの動画視聴に特化した商品。「テレビのようでテレビじゃない!! あえてテレビチューナーを外したネット動画専用スマートTV」だとアピールしている。

あえてテレビチューナーを外したネット動画専用スマートTVだと説明

また、接続環境を充実させているためインターネットでの動画視聴以外にも、家庭用ゲーム機を接続して大きな画面でゲームを楽しむことや、DVD・ブルーレイプレーヤーに接続して映画を鑑賞、ノートパソコンを接続してデュアルモニターとして活用することなどもできるとしている。

解像度はフルHD対応で、コントラスト比は42型モデルが3,000対1、24型モデルが1,200対1。Wi-Fiは2.4GHz帯のみの対応で、インターネット接続用に有線LAN端子も備えている。ネット動画サービスはYouTube、Amazon Prime Video、Netflixをデフォルトでインストールしている。そのほか、Bluetoothにも対応している。

HDMI端子は3系統を備え、うち1系統がARCおよびCECに対応。端子類にはそのほかUSB×2、光デジタル、ヘッドホン出力、ミニYPbPr、AV-in、および前述のLAN端子を装備している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE