「Hi-Xシリーズ」フラグシップモデル

Austrian Audio、ブランド初の開放型オーバーイヤーヘッドホン「Hi-X65」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年10月15日
(株)エムアイセブン ジャパンは、同社取り扱いのAustrian Audioより、開放型ヘッドホン「Hi-X65」を発売する。価格はオープンだが、直販サイト「MUSIC EcoSystems STORE」での販売価格は49,500円(税込)。

「Hi-X65」

ミキシングおよびマスタリング用にデザインされた、ブランド初となる開放型オーバーイヤーヘッドホン。また、同社は既に発売されている密閉型2モデルを含めた「Hi-Xシリーズ」のフラグシップモデルとして本機を位置づけているとのこと。

従来機同様エアフローの向上と、リング磁石によるレスポンシブなインパルス応答特性を提供する「ハイ・エクスカーション・テクノロジー」に基づく「44mm Hi-Xドライバー」を搭載。極めてリニアで上質なモニタリング体験を提供するとのこと。ミックスおよびマスタリング用途を想定したデザインとなっているが、ハイレゾソースのリスニングにも理想的だと同社はアピールしている。

ハウジング部にはタル素材を採用しスタジオユースに耐える堅牢性を獲得。また、折りたたみ、回転機構を有することでDJ、ライブPAでの片耳モニタリングといった使用スタイルにも対応する。

イヤーパッドにはスローリテンション・メモリー・フォーム・パッドを採用し優れたフィット感を実現。長時間の使用においても優れた装着感を提供するとしている。パッド及びケーブルは交換可能な仕様となっている。

付属品として1.2m/3m長のケーブル(3.5mm)、ステレオ標準変換アダプター、キャリングポーチを同梱する。

インピーダンスは25Ω、再生周波数帯域は5Hz〜28kHz、感度は110dB SPL/V、THDは<0.1%(@1kHz)。入力電力は150mW。本体質量は310g。

関連記事