ワイヤレスサブウーファーがセット

クリエイティブ、ドルビー共同開発のアトモス対応サウンドバー「SXFI CARRIER」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年05月19日
クリエイティブは、Dolby Atmos対応のサウンドバーシステム「SXFI CARRIER」を5月中旬に発売する。価格はオープンだが、同社直販ストアにて120,000円(税込)で販売される。

「SXFI CARRIER」

同社とドルビーが共同開発したというサウンドバー。コンセプト段階からドルビーの音響専門家が関与することで、「他のDolby Atmosスピーカーと一線を画している」とアピールする。

サウンドバーには7基のドライバーを搭載し、それぞれのドライバーを個別のアンプによって駆動する。各ドライバーにはオーディオファイルグレードのコンポーネントを採用し、高解像度のオーディオ体験を目指した。

サブウーファーには10インチの大口径ドライバーと大型のバスレフポートを搭載し、サイズを超えた低音を追求している。またサウンドバー本体とサブウーファーは、低遅延の2.4GHz接続となる。

使用イメージ

総合出力は450W RMSで、サウンドバーは250W RMS、サブウーファーは200W RMS。Dolby Atmosに対応することで、一般的なサラウンドサウンドに加えて、上下の動きの表現に対応する。再生周波数帯域は25Hz - 20kHz。

同社の独自サラウンド技術「Super X-Fi」にも対応する。ヘッドホンとの接続時に利用でき、夜間や1人のリスニングで活用可能。同社ワイヤレスヘッドホン「SXFI THEATER」との接続にも対応し、背面USB端子にドングルをさすことで、ワイヤレスでSuper X-Fiを楽しめる。

インターフェースとして、HDMI2.1入力、HDMI2.1出力、USB-C入力、アナログ入力、ヘッドホン出力、光デジタル入力、USB Type-A(SXFI THEATER用)を搭載。HDMIはARC/eARCに対応する。Bluetooth5.0も備え、コーデックはSBCをサポート。

HDMI 2.1に対応

ほか、iOS/Android向けの専用スマートフォンアプリに対応し、入力ソースやサウンドモードの切替、出力先の変更などが可能。サウンドバーの外形寸法は880×76×128mmで、質量は約3.6kg。またサブウーファーの外形寸法は225×450×430mmで、質量は約12.8kgとなる。

関連記事