ドルビーアトモスの空間オーディオも

Apple Musicがハイレゾ/ロスレス対応、追加料金なしで6月から

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2021年05月17日
Appleは、同社が運営する音楽ストリーミングサービス「Apple Music」にて、空間オーディオとロスレスクオリティの音源を6月より配信することを発表した。

Apple Musicが空間オーディオ/ロスレスに対応

配信される空間オーディオはドルビーアトモスフォーマットのもので、発売時に数千のトラックが利用可能になり、定期的に追加されるという。ロスレス音源はカタログ全体となる7,500万曲以上で利用できるようになる。同社によれば、これらの音源はApple Musicユーザーであれば「追加料金なしで来月より使用可能」とのことだ。

ロスレス音源については、ALAC(Apple Lossless Audio Codec)を採用。再生は最新バージョンのApple Musicの「設定」から「音楽」>「オーディオ品質」を選択することでオンにできる。セルラー、Wi-Fi、ダウンロードなどさまざまな接続に応じた解像度が選択できるとのことで、44.1kHz/16bitのCDクオリティから、48kHz/24bitをAppleデバイスでネイティブ再生できるとする。最大192kHz/24bitまでの音源を提供する予定という。

空間オーディオは、J Balvin、Gustavo Dudamel、Ariana Grande、Maroon 5、Kacey Musgraves、TheWeekndなどのアーティストが提供。H1またはW1チップを搭載したAirPodsやBeatsのイヤホン/ヘッドホン、最新のiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで空間オーディオが再生可能だとする。Apple Musicには新しい空間オーディオ音源を絶えず追加し、プレイリストの特別なセットをキュレーションするほか、空間オーディオ音源と判別できるように詳細ページにバッジを付けるとしている。

また 空間オーディオの音源数を増やすために、Apple Musicとドルビーは協力して、ミュージシャン、プロデューサー、ミックスエンジニアがドルビーアトモスで曲を簡単に作成できるよう、ドルビー対応スタジオの数を倍増させたり、教育プログラムの提供を行う。また、インディペンデントアーティストにリソースを提供するといった取り組みも実施する。


関連記事