ノイキャンオン/オフどちらでも高音質を追求

Ausounds、40mmグラフェンドライバー搭載のノイキャンBTヘッドホン「AU-XT ANC」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年03月25日
コペックジャパンは、同社取り扱いブランドAusounds(オーサウンズ)から、ノイズキャンセリング搭載のBluetoothヘッドホン「AU-XT ANC」を発売した。価格は23,980円(税込)。

「AU-XT ANC」

再生周波数帯域20Hz - 40kHzをカバーする独自の40mm径ダイナミックドライバー「AUグラフェンドライバー」を搭載。豊かな低域と正確かつ明瞭な高域、圧倒的なサウンドステージを再現し、ノイズキャンセリングのオン/オフに関わらず、比類のない音質を実現したとする。

20Hz - 40kHzをカバーする「40mm・AUグラフェンドライバー」を搭載

ノイキャンのオン/オフで特性が大きく変わらず、どちらでも高音質のリスニングが楽しめるよう設計したという

連続再生時間は最長約25時間で、15分間の充電で約90分再生できる急速充電機能も搭載。ハウジングのボタンやスイッチから、音楽再生のコントロールやボリューム調整、ノイズキャンセリング切り替えなどの操作が可能となっている。

イヤーカップには、長時間快適にリスニングができるよう設計されたという最も柔らかいプロテインレザーを採用。また、ヘッドバンドも45ステップの品質管理テストプロセスを経て適切な圧となるようデザインされているという。

ハウジングには操作ボタンやスイッチを搭載。装着感にも配慮して設計される

BluetoothコーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HDをサポートし、有線接続にも対応。IPX4等級の防水も備える。

関連記事