ドライバーはカスタムチューニング

Marshall、ワイヤレスヘッドホン「MAJOR IV」。最大80時間再生、ワイヤレス充電に対応

編集部:川田菜月
2020年11月20日
完実電気は、同社が取り扱うMarshallより、ワイヤレスヘッドホン「MAJOR W」を11月27日から発売する。価格はオープンだが、税込18,990円での実売が予想される。

「MAJOR W」

ブランドのアイコニック・ヘッドホン「MAJOR」の第4世代機。カスタムチューニングされたダイナミックドライバーを搭載し、力強いベースやスムースな中域、リッチで鮮やかな高域を実現し、Marshallのシグニチャーサウンドを再生するとしている。

Marshallのシグニチャーサウンドを再生

Bluetoothはバージョン5.0+BLE、コーデックはSBCをサポートする。最大約80時間の連続再生が可能。クイックチャージ機能も備え、約15分の充電で約15時間の再生が行える。またワイヤレスチャージにも対応した。

本体は折り畳み式で、コンパクトに収納可能。人間工学に基づいてデザインを改良しており、イヤークッションは柔らかく、耳の形に忠実にフィットし、長時間の使用でも快適に使用できるとしている。

本体は折り畳み式

マルチ・コントロールボタンを備え、ハンズフリー通話や、音量調整、曲送り/曲戻しなどが操作できる。質量は約165g。USB Type-C充電ケーブルのほか、3.5mmステレオミニケーブルも付属し、有線使用も可能だ。

マルチ・コントロールボタンを装備

関連記事