「JH7」「AFR」など3モデルの受注受付開始

JH Audio、プロ機器メーカー・L-AcousticsとのコラボカスタムIEM「Contour XO」

編集部:杉山康介
2021年02月19日
アユートは、同社が取り扱うJerry Harvey Audio(JH Audio)のカスタムIEM新製品「Contour XO」「JH7」「AFR」3モデルを、本日2月19日より受注受付開始する。価格はContour XOが249,980円(税込、以下同)で、JH7が79,980円、AFRが169,980円。

Contour XO

Contour XOは、JH Audioとフランスのプロ音響機材メーカー・L-Acousticsのコラボにより誕生したカスタムIEM。正確なライブコンサートのサウンド・パーセプションを再現するという。

BAドライバーを高域×4、中域×2、低域×4基の計10基・3ウェイ構成で搭載。ブランド独自のドライバー構成技術「soundrIVeテクノロジー」や位相制御技術「freqphaseテクノロジー」、「Acoustic Sound Chamberテクノロジー」も採用する。再生周波数帯域は10Hz-20kHzで、入力感度は116dB@1mW、インピーダンスは8Ω。

ハウジングにはゴールドカラーでL-Acousticsのロゴマークと輪郭線があしらわれるほか、7pinコネクターにもゴールドのリングを装飾。なお、本モデルはデザインが固定となっており、カスタマイズオプションは不可とのこと。

ハウジングにはL-Acousticsのロゴをデザイン

コネクターにはドイツ製ミリタリーグレードのイリジウム7pinコネクターを搭載。ケーブルはユーザーが低域の調整ができる「Variable bass」機能を搭載した、4N銀メッキ高純度OFCケーブルを採用。ほか、オリジナルのアルミニウムキャリングケースが付属する。

JH7は、ブランドにおける長年のツアー・スタンダードモデルだというカスタムIEM。高域に1基、低域に2基のBAドライバーを搭載する3ドライバー・2ウェイ構成で、freqphaseテクノロジーを搭載。中高域のディテールと存在感を保ちながら、暖かみのある低音レスポンスを実現するとしている。

JH7

再生周波数帯域は10Hz-17kHzで、入力感度は124dB@1mW、インピーダンスは17Ω。コネクターは2pinタイプで、ケーブルにはブランドの新純正となる4N銀メッキ高純度OFCケーブルを採用。ほか、オリジナルのアルミニウムキャリングケースが付属する。

AFR(Ambient FR)は、サウンド・ベントを搭載することで演奏や観客の声などをマイクを使わずにモニタリングできるというカスタムIEM。

AFR

高域に4基、低域に4基のBAドライバーを搭載する8ドライバー・2ウェイ構成で、soundrIVeテクノロジー、freqphaseテクノロジー、Acoustic Sound Chamberテクノロジーも採用。再生周波数帯域は10Hz-16kHzで、入力感度は119dB@1mW、インピーダンスは16Ωとなる。

コネクターは2pinタイプで、新純正の4N銀メッキ高純度OFCケーブルを採用。こちらもオリジナルのアルミニウムキャリングケースが付属する。

また、これに併せてJH Audio製カスタムIEMのオプションが変更。「JH13v2」「Jimi」「Angie」「JH16v2」「Lola」「Roxanne」「Layla」においてJH 7pinコネクターとAcoustic Sound Chamberが標準仕様となるほか、「JH11」においてJH 4pinコネクターが標準仕様となる。

一新されたデザインオプションの一例

さらにデザインオプションも一新。今後も随時追加予定とのことだ。

関連リンク

関連記事