前年比プラスは邦楽レコードと洋楽カセット

2020年年間音楽ソフト生産実績を発表。アナログレコードは3年連続20億円超も、全体は前年比85%

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:川田菜月
2021年02月03日
一般社団法人日本レコード協会は、2020年の年間レコード生産実績を発表。音楽ソフト生産金額は前年比85%の1,944億円、内アナログレコード市場は20億円超を記録した。

2020年1月から12月の年間累計で、音楽ソフト(オーディオレコード・音楽ビデオの合計)の生産数量実績は前年比81%の1億4,634万枚・巻、金額は上述の通り1,944億円となった。

内訳は、オーディオレコード(アナログレコード含む)の数量が前年比79%の1億567万枚・巻、金額が前年比85%の1,299億円。音楽ビデオは数量が前年比88%の4,067万枚・巻、金額が前年比85%の645億円。

また音楽ソフトの内、アナログディスク(アナログレコード)については、数量で110万枚と前年比90%、金額は前年比99%の21億2千万円で、3年連続で20億円以上を維持。さらに邦楽レコードについては、数量が前年比116%の67万枚、金額は前年比121%の13億4千万円と伸長した。

なお、過去10年間における音楽ソフト全体の生産実績推移では、2020年が数量・金額ともに最も低い結果となっている。

2020年第4四半期および同年年間の音楽配信売上実績については、2月末から3月上旬の公表予定とのこと。

関連記事