日本でも展開予定

「Chromecast with Google TV」海外発表。新たにリモコン付属で49.99ドル

編集部:小野佳希
2020年10月01日
Googleは、テレビに取り付けることでインターネット動画配信サービスなどを利用できるようになる「Chromecast」の新製品として、新たに発表した「Google TV」を搭載した新モデル、「Chromecast with Google TV」を海外発表。49.99ドルでアメリカでの販売を開始した。時期は未定だが日本でも今後の提供を予定しているという。

Chromecast with Google TV

Google TVは、各種インターネット動画サービスを横断的に利用できる新機能。その新機能に対応した最初の端末が「Chromecast with Google TV」となる。4K HDR、60フレーム/秒の動画ストリーミングが可能で、Dolby Visionにも対応。ドルビーのオーディオコンテンツのHDMIパススルーにも対応している。

従来のChromecastはリモコンがなくスマートフォンからのキャストで利用するスタイルだったが、今回は新たにリモコンが付属。音声操作対応でGoogleアシスタントボタンを搭載し、各種コンテンツの音声検索や「今日の天気は?」などといった日常の質問に答えたり、声だけでYouTube Musicを操作するなどといったことができる。スマートホームの照明を制御することなども可能。

リモコンにはYouTubeとNetflix専用ボタンも装備し、両アプリを直接起動可能。もちろんテレビの電源、音量、入力切り替えも行える。

関連リンク

関連記事