「Elite 75t」の無料ノイキャンアップデートも

Jabra、独自ノイキャン搭載の完全ワイヤレス「Elite 85t」。“史上最高”とアピール

編集部:押野 由宇
2020年09月29日
GNオーディオジャパンは、Jabraブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Elite」シリーズの最新モデルとなる「Elite 85t」を、11月12日より発売する。価格は26,800円(税込)。先行予約は9月29日より受付を開始する。

「Elite 85t」

Eliteシリーズは、音飛びや音切れを軽減する安定した接続性、ヒアスルー(外音取り込み)機能、防塵・防水性能、長時間使用可能なバッテリーの搭載など、高い品質を備えている。その最新モデルとして登場するElite 85tは、同ブランドが「史上最高の完全ワイヤレスイヤホンを開発した」と説明する意欲作だ。

コンセプトは「一切の妥協がない完全ワイヤレスイヤホン」。市場ではノイズキャンセリング機能搭載モデルが多く見られるが、そのなかでもコンパクトさにこだわり、従来のシリーズで好評なデザインを踏襲しながら、高レベルなノイズキャンセリングを搭載することを追求した。

装着イメージ

ノイズキャンセリング機能として、独自の「Jabra Advanced ANC」を搭載。そのポイントとして、「MOREノイズキャンセリング(効果的なノイズキャンセリング)」、「MORE Adjustability(ANC/ヒアスルーが自由に調整可能)」、「MORE Natural Surroundings (セミオープンデザインでヒアスルーがより自然)」、「MORE Comfort(より快適)」を掲げる。

内蔵マイクのうち左右それぞれ2つを、ANC向けに特化して使用。いわゆるフィードバック/フィードフォワードのハイブリッド型ノイズキャンセリングを採用しており、外側1つがフィードフォワード向けで外音に対応。内側1つがフィードバック向けで、耳の中で発生するノイズを除去する。またANC専用のチップセットを搭載する点も特徴で、これにより強力なノイズ除去性能を獲得するとともに、5段階でノイズキャンセリングとヒアスルーの効果を調整できるようになっている。

ANC専用のチップセットを搭載

セミオープン型とすることで、例えばものを噛む音や足音といった不快なノイズについても抑えることができるとする。また通話品質にもこだわっている。風切り音防止機能も改善しており、どんな場所でもクリアな通話品質を実現した。

音質面においては、12mmカスタムドライバーを搭載し、豊かでパワフルなサウンドが楽しめるとアピール。聞こえ方に合わせて音質を自動調整してくれるマイサウンド機能も引き続き搭載している。

この機能をコンパクトな外観に収めたことが最大の特徴とアピール。従来モデル「Elite 75t」に対して、Elite 85tは直径が1.3mmだけ大きくなり、質量は1.4gの増加に留めた。これにより一日中着けていても快適なフィット感を損なわず、ノイズキャンセリングオンの状態で、イヤホン単体で5.5時間、充電ケースと併用で25時間の音楽再生が行える。

本体はIPX4の防滴性能を備えており、2年間の保証も用意する。Bluetoothは5.0、コーデックはSBCとAACをサポートする。そのほか、Qi規格のワイヤレス充電に対応する。カラーはチタニウムブラック。

さらに、既存製品「Elite 75t」「Elite Active 75t」に無料のファームウェアアップデートが行われ、ノイズキャンセリング機能が追加されることが決定した。スマートフォンアプリ「Sound+」を介してアップデートを適用できる。10月中旬の実施を予定する。

「Elite Active 75t」

無料アップデートでノイズキャンセリングに対応する点において、同社はおそらく世界初と説明する。また、このアップデートを実現できるのは、そもそも高品質なチップセットを用いて75tが開発されていることが理由であるともアピールしている。

なお、適用されるノイズキャンセリング機能は、上述のJabra Advanced ANCではなく、スタンダードなものとなる。ノイズキャンセリング機能の追加以外の仕様に変更はないが、ノイズキャンセリングをオンにしたときだけ、イヤホン単体の再生時間が7.5時間から5.5時間となる。

関連リンク

関連記事