Dirac Researchとライセンス契約

オンキヨー&パイオニア、音場補正技術「Dirac Live」をホームAV機器に採用へ

編集部:小澤麻実
2020年09月10日
オンキヨー&パイオニアは、スウェーデンのDirac Research社と音質・音場補正技術「Dirac Live」のライセンス契約を締結。同技術をオンキヨーやパイオニアのホームAV機器に採用していくことを発表した。

「Dirac Live」は、マイクで測定された音響データにより、オーディオ機器と視聴する部屋の音響特性を分析。その結果をもとにリスニング環境に最適化されたサウンドに調整する音質・音場補正技術。Dirac Liveアプリケーションとオンキヨー&パイオニアのコントローラーアプリの統合により、初めて音場補正を行う方でも簡単に調整が行えるようになるという。

Dirac Liveの音質・音場改善イメージ

オンキヨー&パイオニアは「Dirac Live採用は当社のホームAVビジネスやカスタムインストールビジネスのさらなる成長のステップになると考えております」とコメントしている。

関連記事