Airoha社の左右同時伝送技術「MCSync」にも対応

TaoTronics、ハイブリッド式ノイキャンや外音取り込みを搭載した完全ワイヤレス「SoundLiberty94」

編集部:成藤 正宣
2020年09月04日
サンバレージャパンは、同社TaoTrinicsブランドから、ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty94」(TT-BH094)を本日9月4日より発売する。価格はオープンだが、9,999円前後での実売が想定される。

「SoundLiberty94」(TT-BH094)

9.2mmの大口径ダイナミックドライバーと、フィードフォワード/フィードバックを組み合わせたハイブリッド式のノイズキャンセリング機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホン。最大で35dBの騒音低減を実現すると共に、マイクを通してイヤホンを装着したまま外部の音を聞ける外音取り込みモードも利用できる。

ハイブリッド式のノイズキャンセリング機能、および外音取り込み機能を搭載する

音切れや遅延を抑制できるAiroha社の左右同時伝送技術「MCSync」に対応。IPX4の防滴性能も備える。連続再生時間はノイズキャンセリングONで最大約5時間、ノイズキャンセリングOFFで最大約8時間。ケースでの充電を含めると、ノイズキャンセリングONで最大約20時間、ノイズキャンセリングOFFで最大約32時間の連続利用が可能。

対応BluetoothコーデックはAAC/SBC。イヤホン本体の質量は片耳あたり約5.3g。

なお、9月4日(金) 15:00 〜 9月7日(月)23:59 までの期間で発売記念セールを実施。Amazonで展開している直販サイトでの注文時に、TaoTronics公式サイトに掲載しているクーポンコードを利用すると20%オフの期間限定特別価格7,999 円で購入できる。

関連リンク

関連記事