コジマ社長には中澤裕二氏

ビックカメラ新社長にコジマの木村会長が就任

編集部:押野 由宇
2020年08月27日
株式会社ビックカメラ、および株式会社コジマは、本日8月27日、代表取締役の異動について発表。ビックカメラ新社長に、コジマの代表取締役 会長 兼 社長 代表執行役員であった木村一義氏が就任したことを発表した。

木村一義氏

就任予定日は9月1日。異動の理由について、ビックカメラは「収益体質改善の課題に対して、これまでの延長線だけではなく、豊富な経営経験と幅広い視点から機動的、革新的に変化対応していくため」と説明している。現代表取締役社長社長執行役員の宮嶋宏幸氏は、取締役副会長に就任する。

一方で、コジマの新代表取締役社長 社長執行役員には、現常務執行役員 営業本部 営業企画・管理部長の中澤裕二氏が就任。その理由をコジマは「当社は、これまで『生産性向上戦略』および『成長戦略』を経営戦略に掲げ、収益構造改革を進めた結果、極めて順調に業績回復を続けてまいりました。一方、今後は事業環境の変化等により先行き不透明感は増しております。このような経営課題に対して柔軟かつ機動的に対応しながら更なる企業価値の向上を目指すため、新しい経営体制に刷新するもの」と説明する。

関連リンク

関連記事