乾電池駆動も可能

JVC、ワイドFMやBluetooth対応でコンパクトな縦型FMラジオ「RA-C80BT-B」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2020年08月20日
JVCケンウッドは、ワイドFM(FM補完放送)やBluetoothに対応したコンパクトな縦型ホームラジオ「RA-C80BT-B」を、JVCブランドより8月下旬に発売する。オープン価格だが税抜8,000円前後での実売が予想される。

RA-C80BT-B

AC電源に加えて乾電池での駆動にも対応。市販の単3アルカリ乾電池4本の使用時で約25時間の長時間再生が行える。これにより、AC電源を利用できないアウトドアや非常時にも活用できるとアピールしている。

本体は幅90mm・高さ164 mm・奥行き 97 mmのコンパクトな縦型スタイルを採用。ベットサイドやキッチン、ダイニングなど狭いスペースにも気軽に置いてラジオを楽しめるよう配慮した。スピーカーはモノラルで、出力は3W。なおラジオチューナーはFMのみの搭載となり、AMチューナーは搭載していない。

本体上面には、4つの放送局をプリセットしてすぐに呼び出せるワンタッチボタンを搭載。また操作部は日本語表記を採用し、使いやすさにもこだわったとしている。

前述のとおりBluetooth機能を搭載するほか、ライン入力端子も装備。BluetoothはVer.5.0 + EDR、Class 2対応で、A2DP/ AVRCPプロファイル、およびSBCコーデックをサポートしている。

そのほか、表示部の明るさを3段階で切り替えできるディマー機能付きLCDディスプレイを搭載。また、指定時刻にブザー音やラジオ放送を流せるアラーム再生機能や、指定時刻に電源が切れるスリープタイマー、15分間操作をしないと自動的に本機の電源が切れるオートスタンバイ機能を装備。さらにスタンバイ時に表示部を消灯できるエコスタンバイモードも搭載している。

関連記事