新ファームウェア「V1.10」OTA配信開始

Astell&Kern、マルチDACプレーヤー「SE200」にMQAハードウェアレンダリング機能など追加

編集部:杉山康介
2020年08月05日
アユートは、同社が取り扱うAstell&Kern製DAP「A&futura SE200」の新ファームウェア「V1.10」をOTAで配信開始した。

SE200

SE200は、ESS「ES9068AS」とAKM「AK4499EQ」という2種類のDACを搭載し、それぞれを切り替えて使用可能な“マルチDACプレーヤー”。

今回のアップデートにより、ES9068ASでのMQA再生時にDAC内蔵のハードウェアレンダラーを介してのデコード再生が可能となる。なお、AK4499EQ使用時は引き続きソフトウェアデコードとなる。

また、V-Link機能に「Music」が追加され、「Video」「Music」の選択が可能になったほか、プレイリストの順序変更機能の追加やその他修正、安定性の向上が行われている。

関連記事