小中学生の母親の要望に応えコンパクト化

東芝、語学学習/音楽鑑賞機能を充実させたCDラジオ「TY-C160」「TY-C260」

編集部:杉山康介
2020年06月22日
東芝エルイートレーディングは、語学学習と音楽鑑賞の機能充実を図ったコンパクトなCDラジオ「TY-C160」「TY-C260」2機種を6月下旬より発売する。ともにオープン価格だが、税込6,300円前後での実売が予想される。

TY-C160

同社の調べによると、語学学習はCD教材が主流で、特に義務教育の小中学生は半数以上がCD再生機器を使用しているとのこと。本製品ではそうした小中学生の子を持つ母親からの要望を反映し、基板や電子部品を効率的に配置することでコンパクト化を実現したという。

また、音声トラックを10ずつスキップできる「+10スキップ」機能や低音を強調する「Bass」機能を新搭載。これによりフレーズを繰り返し再生する「A-Bリピート」や、前回の停止箇所から続けて再生できる「レジューム再生」といった従来より搭載される機能に加え、語学学習と音楽鑑賞機能の充実を図ったとしている。

加えて、ラジオ選局を登録できる「お好み選局」の登録数を、FM1/FM2/AMで各5局の最大15局まで増強している。

TY-C260

TY-C160は軽くてコンパクトな横型タイプで、持ち運びにも便利。外形寸法は230W×92H×213Dmmで、質量は約1.1kg。ホワイト/ピンク/ブルーの3カラーをラインナップする。

TY-C260は、机上や出窓などにも置けるという縦型スリムモデル。外形寸法は272W×146H×62Dmmで、質量は約1.2kg。ホワイト/ブラックの2カラーをラインナップする。

関連記事