あいみょんや菅田将暉など8曲がプラチナ

日本レコード協会が「ストリーミング認定」開始。1億再生でプラチナ、ヒゲダン4曲やKing Gnu「白日」も

編集部:風間雄介
2020年05月27日
一般社団法人 日本レコード協会は、ストリーミング再生の回数に応じてヒット作であることを認定する 「ストリーミング認定」 を公表開始した。

これまでレコード協会は、CDなどパッケージメディアを対象にした「ゴールドディスク認定」、 有料ダウンロード配信が対象の「ダウンロード認定」を行っていた。昨今のストリーミング市場の拡大にあわせて、今回のストリーミング認定を新たな指標として公表する。

主要ストリーミングサービスを対象に、GfK Japanの提供データをもとに累計ストリーム数を算出。その上で協会会員各社からの申請に基づき、 認定月の翌月下旬に認定作品を公表する。

認定ランクとストリーム数は、シルバーが3,000万回以上、ゴールドが5,000万回以上、プラチナが1億回以上、ダイヤモンドが5億回以上。

2020年4月度では、 プラチナが8作品、 ゴールドが25作品、 シルバーが64作品、 合計97作品が認定された。プラチナ認定されたのは、あいみょん「マリーゴールド」、Official髭男dism 「ノーダウト」「Pretender」「宿命」「イエスタデイ」、King Gnu「白日」、菅田将暉「まちがいさがし」、Ed Sheeran「Shape of You」。Official髭男dismが8曲中4曲認定され、強さを見せた。

なお、2020年4月時点での集計対象ストリーミングサービスは、Amazon Music Unlimited、 Apple Music、 AWA、 dミュージック、 Google Play Music、 HMVmusic powered by KKBOX、 KKBOX、 LINE MUSIC、 Rakuten Music、 RecMusic、 Spotifyとなっている。

関連記事