合計4基のマイクで騒音集音

オーディオテクニカ、初のノイキャン完全ワイヤレス「ATH-ANC300TW」。5/29国内発売

編集部:小澤麻実
2020年05月20日
オーディオテクニカは、同社初のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」を5月29日に発売する。価格はオープンだが、25,000円前後での実売が予想される。

ATH-ANC300TW

ケースは自立する

CES2020で発表されていたモデルの日本国内発売が決まったかたち。

“QUIET POINT”シリーズの新モデル。DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を採用した専用設計のφ5.8mmドライバーを搭載。さらに、イヤホン内部の体積を最適化しつつ、音導管上に超小型マイクを配置することにより、限られたスペースの中で音の伝送効率とノイズキャンセル効果を最大限に高めたという。

左右それぞれのイヤホンに、フィードフォワード方式マイク(ハウジング部に設置)とフィードバック方式マイク(音導管上に配置)を搭載する「QUIETPOINT ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を採用。騒音を高精度のノイズキャンセリングプロセッサーに伝送し処理を行う。

ノイズキャンセリング効果は専用アプリ「Connect」にて「Airplane(航空機内のエンジン音などのノイズや騒音に)」「On The Go(外出時、車の走行音などの騒音や環境ノイズに)」「Office/Study(静かな場所で気になる室内ノイズなどの雑音に)」の3つから環境に適したものを選択可能だ。また、周囲の音をすぐ確認できるクイックヒアスルー機能も用意。左右独立伝送により音切れしにくく快適なリスニングを実現する「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」にも対応する。

Qualcomm cVcテクノロジーによりクリアな通話を実現。ビデオ会議などでも快適に使用できるとしている(PCによっては使用できない場合も有り)。

左右のイヤホンにマルチファンクションボタンを用意。電源のON/OFFや音楽の再生/一時停止、通話や音量などの操作ができる。

付属品として、イヤーピース(XS/S/M/L)、COMPLYフォームイヤーピース(M)、充電用USBケーブル(30cm・USB-A to C)を同梱する

バッテリーはイヤホン単体で最大約4.5時間、充電ケースとの併用で最大約18時間の音楽再生が可能。約10分の充電で、約1時間使用できる。充電端子にはType-Cを採用。ケースから取り出すだけで電源オンになる機能も搭載するほか、片側のイヤホンだけでも使用できる。

Bluetoothのバージョンは5.0で、aptXコーデックにも対応。イヤホン部のみIPX2相当の防滴性能も備える。

質量はイヤホンが約7g(片側)で、充電ケースが約50g。付属品として、イヤーピース(XS/S/M/L)、COMPLYフォームイヤーピース(M)、充電用USBケーブル(30cm・USB-A to C)を同梱する。

関連記事