Android OS 7.0未満での不具合は動作保証外に

mora qualitas、Android OS 6.0未満へのサービス提供を4月27日で終了

編集部:杉山康介
2020年04月22日
ハイレゾ/ロスレスストリーミングサービスのmora qualitasは、Android OS 6.0未満へのサービス提供を4月27日で終了することを発表した。

mora qualitasのAndroid OS 6.0未満への提供が終了

Android OS 6.0未満へのサービスは、4月28日にストアにアップデートされるアプリより提供が終了。Android OS 7.0未満の環境にて生じた不具合は動作保証外となる。

Android 6.0以上にアップデートが可能な端末を使用している場合は、OSを最新版にアップデートすることで引き続きサービスを利用可能。

OSを6.0以上にアップデートできない端末を使用している場合、アプリをダウンロード済みで契約プランが有効ならサービス利用可能だが、今後不具合などが発生し、利用できなくなる可能性があるとしている。また、アプリを削除した、もしくは何らかの理由で不具合が生じた場合は再インストール不可能とのこと。

なお、mora qualitasアプリの推奨利用環境はこれまで同様のAndroid OS 7.0以上。Android OS 6.0未満へのサービス提供終了後にプランの自動解約は行われないため、継続利用を希望しない場合は解約手続きをする必要がある。

関連記事