販売店などでは見かけないブランド/試聴機会がレアなカスタムIEMも多数

<ポタ研>A&Kの『ガンダムNT』コラボDAPが中野に降臨/3素材ハイブリッドリケーブルや肉抜きIEMなども登場

編集部:杉山康介
2020年02月08日
本日2月8日、東京・中野の中野サンプラザにて「ポタ研2020冬」が開催された。本項では「リーフ」「ロビー」に出展したブースの模様をレポート。まずは「リーフ」からお届けしよう。

アユート

アユートのブースでは、7日に発売されたばかりのAstell&Kern × 『機動戦士ガンダムNT』コラボDAP「A&futura SE100 PHENEX」を展示。ゴールドボディの背面に作中のモビルスーツ「ユニコーンガンダム3号機フェネクス」をあしらったゴージャスな佇まいは、強い存在感を放っていた。

「A&futura SE100 PHENEX」実機。青緑のサイコフレーム部分は蓄光塗料で、暗いところでは本編さながらに光るそうだ

同じく7日にフジヤエービック限定で発売となったULTRASONEの静電型ドライバー搭載イヤホン「Ruby Sunrise」も登場。さらに、昨年12月の「ポタフェス」にて披露されたJH AudioのカスタムIEM「Jimi」と、ユニバーサルIEM「Roxanne AION」も展示されていた。

その名の通り真っ赤な筐体が特徴的な「Ruby Sunrise」

加えてBURSON AUDIOのヘッドホンアンプ「Conductor 3X」も参考出展。すでに海外では発売されているが、日本では技適の問題などもあり、価格や発売日などの詳細はまだ決まっていないそうだ。

BURSON AUDIOからヘッドホンアンプ「Conductor 3X」が参考出展

WiseTech

WiseTechからは、NOBUNAGA Labsより参考出展品が登場。特に注目を集めていたのが、3種類の線材を使用したハイブリッドケーブルだ。

3素材を使ったハイブリッドリケーブルが登場。ヘッドフォン祭りで聞けるであろう続報に期待したい

6N OCC、4N純銀、4N純銀+金メッキという3つの線材を1芯にまとめ、それを4芯で編み上げたというケーブルで、音場の広さは同ブランドでもトップクラスだという。価格や発売日などの詳細はまだ決まっておらず、その続報は「4月のヘッドフォン祭りでアナウンス」とのこと。

他にも“SUPREMEシリーズ”の新コネクタモデルや、ブランド初の16芯モデルなども参考出展されていた

アルファ☆デシベル

アルファ☆デシベルのブースでは、筐体を肉抜きしたユニークな形状のカスタムIEM「MIRO FRAME」を展示していた。独特な仕様であることに加え、普段試聴できるのが東神奈川の同社店舗だけということもあり、多くの参加者がその音を聴こうと来訪。担当者も「是非こういった機会にお試しいただきたい」と意気込みを見せていた。

筐体に肉抜きを施したIEM「MIRO FRAME」

また、現在ラインナップされているMIRO FRAMEは2ドライバー仕様だが、参考出展として6ドライバーのモデルも置かれていた。

手前が参考出展された6ドライバーモデル。全体的にむっちりしているが肉抜きもしっかり行われている

ジェイフォニック

ジェイフォニックからは、昨年11月より受注開始したセンサフォニックスブランドのカスタムIEM「D2」が登場。プロ向け製品をメインに取り扱う同社が初めてコンシューマー向けとしてリリースした製品だ。

センサフォニックス初のコンシューマー用IEM「D2」。BAドライバーのように小さいダイナミックドライバーが2発並んでいるのがわかる

専用に開発された5mmのダイナミックドライバーを2基、同社の特徴でもあるシリコンモールドに搭載。さらに音響フィルターを取り付けることでモニターライクになりすぎない、リスニングに適したサウンドを実現したという。昨年11月のポタフェスにも出展され、そこでオーダーされたモデルが「ちょうど先月届いたくらい」とのことだ。


オーディオみじんこブースは「hideRecable」「kajumaru cable」「六連星音響研究会」の3ブランドも共同で出展。販売店などであまり流通しないブランドが一挙集結したこともあり、多くの参加者で賑わっていた


NIDEON(日本電子音響)は、日本をイメージしたというイヤホンリケーブル「Japanシリーズ」「Japan IIシリーズ」を出展

続いて「ロビー」に出展していたブースを紹介していきたい。

ORB

ORBのブースでは、15日に発売予定のLightning変換ケーブル「Glorious force Lightning-3.5φ/2.5φ」を展示。会場限定での先行販売も実施した。また、8芯ケーブルや「Glorious force 2nd generation(仮)」などといった参考出展品を多数用意。試聴した参加者の意見や感想を取り入れつつ、また「春のヘッドフォン祭り2020」で続報を発表していきたいとのことだ。

ORBの新作変換ケーブル「Glorious force Lightning-3.5φ/2.5φ」が展示。先行販売も行われた

8芯リケーブルなど、多くの参考出展品も登場

Just ear

Just earブースでは、昨年11月より受注開始した「音質更新サービス」対応カスタムIEM「XJE-MH2R」を出展。東京ヒアリングケアセンターでのインプレッション採取が昨年11月より休止していることもあってか、多くの参加者が試聴を行っていた。

「XJE-MH2R」は、モニター/リスニング/クラブサウンドという全ての音質プリセットを試すことが可能

ブースには試聴機としてソニー製DAPなどと混じって、ソニーのカセットウォークマンの姿も。これは担当者が個人的に買ったものにソニーのエンジニアがチューニングを施したというもので、「実はカセットは音がいいんだということを、Just earのIEMで体験していただきたい」という想いで用意したそうだ。

NW-WM1AやNW-WM1Zと一緒にカセットウォークマンも


タッグでの出展となるはんてん&じんそんブース。はんてん氏はポタアン「SOUND TIGER」を始めとした製品(写真左)を、じんそん氏はラズパイに液晶や真空管アンプを載せたDAP(右)を展示していた


オヤイデ電気は“ポタ研支店”を展開。普段は秋葉原の店舗で販売するパーツ類や、リケーブルの特価販売などを行っていた


バンナイズは、内側に低反発素材を施すことでケーブルに負担をかけず固定できるイヤホンクリップを多数用意。ケースの特価販売なども行っていた

関連リンク

関連記事