2020年全世界独占配信

Netflixオリジナルアニメ『日本沈没2020』、湯浅政明監督で制作。東京五輪後の日本が舞台、全10話

編集部:小澤麻実
2019年10月09日
Netflixは、小松左京のベストセラー小説『日本沈没』を原作としたオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』の制作を発表。2020年に全世界独占配信する。全10話構成。監督は湯浅政明。

公開された『日本沈没2020』ティザービジュアル(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

原作となる小説『日本沈没』は、1973年に発売され累計470万部のベストセラーに。同年の実写映画化では配給収入28.2億円を記録。2006年には草なぎ剛・柴咲コウの出演で再映画化され、こちらもヒットとなった。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』は、東京オリンピック直後の日本が舞台。これまでの『日本沈没』の映像作品では描かれることの少なかった“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”がリアルに迫ってくる、「否応なく究極の選択を突きつけられた人々が向き合う現実と再生の物語」となっているという。

本作の監督を務める湯浅政明は、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』『きみと、波にのれたら』『SUPER SHIRO』等で世界的な評価を獲得。Netflixオリジナルアニメシリーズ『DEVILMAN crybaby』では、アニメ表現の限界に挑み絶大な支持を集めた。

音楽は『ピンポン THE ANIMATION』『DEVILMAN crybaby』から3度目の湯浅監督とのタッグとなる牛尾憲輔が担当。制作は湯浅監督が率いるサイエンスSARUが手掛ける。

配信に先駆け、ティザービジュアルが公開されるとともに、湯浅政明監督と小松実盛さん(小松左京 次男)のコメントが発表された。

湯浅政明監督コメント
国ってなんだ?日本人ってなんだ?生まれた場所とそこの環境で何が決まるの?決まらないの?
子供の頃に疑問に思った自分へ答えるべく、このビッグタイトルへ挑みます!
オリンピックイヤーに起きた、国家の存亡にかかわる天変地異の中を避難する一つの家族と、たまたまそこへ居合わせた人たち、出会う人々にフォーカスし、大災害の顛末を描きます!ご期待ください。

小松実盛(小松左京 次男)さんコメント
アニメ『日本沈没 2020』は、これまでの『日本沈没』から派生した劇場版映画、テレビドラマ、コミックとは全く異なる点があります。
地殻変動の詳細や政府の対応、海外からの支援も何もかもがわからない目隠し状態に投げ出されてしまった、令和の時代に生きる等身大の日本人一家に焦点が当てられているのです。
小松左京が『日本沈没』に込めた−−“恐るべき危機を乗り越え生き残った日本人だからこそ、人類社会が直面する様々な危機への解決に貢献でき、世界で見直され、未来に特別な役割を果たせる”という想い。
『日本沈没 2020』を、世界中の人々に、日本が誇るアニメーションの手法を駆使した作品として楽しんでもらうと同時に、物語に込められた“災害への警鐘”と“危機を越え未来を切り拓く”というメッセージを受け取っていただければ幸いです。




Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』
原作:小松左京『日本沈没』
監督:湯浅政明
シリーズディレクター:許平康
脚本:吉高寿男
音楽:牛尾憲輔
キャラクターデザイン:和田直也
色彩設計:橋本賢
撮影監督:久野利和
音響監督:木村絵理子
編集:廣瀬清志

<STORY>
2020年、東京オリンピックという大きな国家事業を終えたばかりの日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく武藤家の面々を追い詰めていく。極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。途方もない現実と向き合う中、武藤家の姉弟、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく...


(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

関連記事