声アシスタント機能の起動にも対応

ソニー、約5000円でもAAC/35時間再生対応の入門ワイヤレスヘッドホン「WH-CH510」

編集部:小野佳希
2019年09月10日
ソニーは、5,000円前後での実売が予想されるエントリークラスでありながら、最大35時間再生対応や、SiriやGoogleなどの音声アシスタント機能の起動、AACコーデックなどに対応するワイヤレスヘッドホン「WH-CH510」を10月5日に発売する。ブラック/ブルー/ホワイトの3色で展開する。

WH-CH510

30mmダイナミックドライバーを搭載したBluetoothヘッドホン。コンパクトで軽量な30mmドライバーでもクリアな中高音と重工でパワフルな低音を持ち、高精細な音楽再生を実現するとアピールしている。

BluetoothコーデックはSBCとAACに対応。エントリークラスながらAACコーデックにも対応した。

最大35時間再生が可能なバッテリー性能を実現。クイック充電にも対応し、10分の充電で90分再生が可能なレベルまで充電できる。なおフル充電にまで必要な時間は約4.5時間。

そのほか、SiriやGoogleなどの音声アシスタント機能の起動にも対応。充電用USB端子はtype-Cで、約20cmのUSB-Cケーブルが付属する。

関連リンク

関連記事