ノンフィクションに特化

ディスカバリー、無料動画配信サービス「Dplay」を日本ローンチ。「アニマルプラネット」など見放題に

編集部:押野 由宇
2019年09月09日
ディスカバリー・ジャパンは、ディスカバリー社がグローバルで展開する動画配信サービス「Dplay」を、本日9月9日より日本で展開する。

ディスカバリーの動画配信サービス「Dplay」が日本でサービスイン

Dplayは、ディスカバリーが有する豊富な映像コンテンツから、「ディスカバリーチャンネル」「アニマルプラネット」、ミステリー専門チャンネル「ID(Investigation Discovery)」、ライフスタイルブランド「QUEST by Discovery」を含む複数のチャンネルを無料で視聴できるという動画配信サービス。

サービス開始時点で、サバイバル、クルマ・バイク、アドベンチャー、サイエンス、ネイチャー、ライフスタイルなど15カテゴリー/800エピソード以上のコンテンツを提供。基本的には日本の有料放送でも観ることができるコンテンツが多いが、なかにはDplayでしか観ることができないコンテンツもあり、さらに今後、コンテンツを随時拡大していく。

15のカテゴリーからコンテンツを展開(「Dplay」新サービス説明会)

コンテンツの一例として、エド・スタンフォードの「ザ・秘境生活」の未公開エピソードをはじめ、ベア・グリルスの「サバイバルゲーム」複数シーズン、クルマ番組「名車再生! クラシックカー・ディーラーズ」、「ファスト&ラウド」などを公開する。さらに、武井壮がMCを務めるサバイバルクイズ番組「サバイバル・マスター!」も日本オリジナル番組として本日より公開される。

「サバイバル・マスター!」Discovery Communications

本サービスはAVOD(Advertising Video On Demand:広告無料型動画配信)方式にて展開。モバイルアプリのほか、パソコンやタブレットでも利用可能であり、無料の会員登録を行うことで、サービス開始時点で用意されるすべてのコンテンツが視聴できる。

1つのアカウントで、同時に、何人でも無制限に試聴が可能な点も特徴だ。接続デバイスの数も問わない。また視聴記録の保持にも対応し、ログインすると前回の続きから再生される。UIにもこだわっており、一番人気や最新のコンテンツへのアクセス、ジャンル別の表示など、使いやすさに開発している。

Dplayはヨーロッパ発のネット配信サービスであり、すでにデンマークやフィンランドなどヨーロッパの7カ国でサービスが提供されている。この度アジアではじめて日本での提供がスタートすることとなったが、本日開催されたDplayの発表会において、ディスカバリー・ジャパンの代表取締役社長 デービット・マクドナルド氏は「日本の展開に力を入れたかった」と説明した。

デービット・マクドナルド氏

「ディスカバリーといえば、日本では『ディスカバリーチャンネル』を思い浮かべる方が多いと思う。ディスカバリーは全世界において、『POWER PEOPLE'S PASSIONS』をテーマとして、情熱を与えることを第一目標に活動している。世界規模の展開のなかで30万時間のコンテンツアーカイブを持っているが、まだ日本では1割のコンテンツしか提供できていない。Dplayによって、残るコンテンツの提供を進めていきたい」とDplayの目的を語った。

他のサービスとの差別化として、フィクションとノンフィクションが混合するNETFLIXやAmazonプライム・ビデオなどに対し、Dplayではノンフィクションに特化した “ファクチュアル” な方向性を目指す。そのポジショニングから、「リアルに楽しいがここにある」をメインメッセージとして発信していく。

ビジネスモデルとしては、無料配信からスタートするが、今後の展開として一部有料配信を予定しているという。その方式には、一部コンテンツを有料化する課金システムを検討しているとのことで、値段設定については「調査中だが、他社サービスなどのデータから判断していきたい」と述べられた。

関連リンク

関連記事