上部にストロボ・フラッシュ搭載

ソニー、重低音スマートスピーカー「EXTRA BASS」新機種。Google/Alexaの2モデル

編集部:平山洸太
2019年08月06日
ソニーは「EXTRA BASS」シリーズ新モデルとして、音声アシスタントに対応したスピーカー2モデルを8月31日に発売する。Googleアシスタント搭載の「SRS-XB402G」とAmazon Alexa搭載の「SRS-XB402M」がラインナップ。価格はオープンだが、27,000円前後での実売が予想される。

「SRS-XB402G」

左がGoogleアシスタント対応「SRS-XB402G」、右がAmazon Alexa対応「SRS-XB402M」

幅広いリスニングエリア、重低音、臨場感を実現しながらも、スマートスピーカー機能を搭載した新モデル。スピーカーユニットには、新開発のハイブリッド素材をエッジ部に採用した、約53mmのフルレンジドライバーを2基搭載する。低音の増強を図るため、パッシブラジエーターを前背面それぞれに配置。グリルフレームは新開発の開口パターンによって、クリアさと音の広がりが追求されている。

グリルフレームは新開発の開口パターン

約53mmのフルレンジドライバーを2基、前背面にはパッシブラジエーターもそれぞれ搭載

またフルレンジユニットは正面に並べるのではなく、角度をつけて配置され、ステレオで再生される。これによって従来モデルと比べて広いリスニングエリアを実現し、リビングやキッチンなどスピーカーを中心に複数人で音楽を楽しむ場面で最適だとのこと。より広い音場で音楽再生が可能な「LIVE SOUND」機能にも対応する。またこの機能は本体上部のボタンからオン/オフができる。

上部にはボタンなどを搭載

光によって空間を盛り上げられる機能として、筐体の上部にはストロボ・フラッシュを搭載し、上部から側面にかけてはマルチカラー対応のトリプルラインライトを装備。Rave/Chill/Hot/Coolなど8種のモードを備えるほか、オフにする設定も選べる。

上部にはストロボ・フラッシュ、周囲には3つのラインライトを装備

なお本機は音声アシスタント違いで2モデルが用意されるが、基本的なスペックは同様。しかしそれぞれ細かな違いがあり、バッテリー残量確認においては、XB402Gが4つのLEDでの表示に対し、XB402Mでは音声読み上げとなっている。またライティングモードは、XB402Gがラインライトで表現、XB402Mがモード名を読み上げる仕様に。デザイン面では、マイクミュートLEDがXB402Mにのみ搭載される。

ラインライトは様々な色に発光する

シリーズの特徴であるタフネス性能は本機にも搭載し、IP67の防塵・防水、防錆に対応する。バッテリー寿命は最大8時間で、充電時間は約6時間(microUSBもしくは付属ACアダプターで充電可能)。また対応コーデックはSBCとAAC。外形寸法は約143W×195H×122Dmmで、質量は約1500gとなっている。

microUSBもしくは付属ACアダプターで充電可能

名刺入れと大きさを比較した様子

関連リンク

関連記事