最上位機種投入で販売拡大狙う

パナソニック、史上最高の水分発生量で髪をケアする新ドライヤー「ナノケア」

PHILE WEB ビジネス編集部 徳田ゆかり
2019年07月23日
パナソニックは、独自の微粒子イオン「ナノイー」の水分発生量が従来比18倍に増加した高浸透「ナノイー」デバイスを搭載し、「ナノケア」史上最高の「ナノイー」水分発生量で、髪のうるおいとなめらかさを向上させたヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0Bの発表会を開催した。同製品は9月1日発売、オープン価格だが、税別3万円程度の市場価格が想定されている。

パナソニックのヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0B

同社では、2005年に初めて「ナノイー」デバイスを搭載したドライヤー「ナノケア」を発売。乾かすだけでない、髪のケアに着目したドライヤーの新たな付加価値提案を展開した。「ナノケア」は2018年4月には国内累計販売1,000万台を突破したという。

ヘアードライヤ「ナノケア」は国内販売累計1000万台を突破

新製品「ナノケア」EH-NA0Bは、さらなる髪への効果を目指し、女性の髪悩みの上位にあがる"パサつき"に着目。高浸透「ナノイー」デバイスを新たに開発した。マルチリーダー放電方式を採用した新デバイスで、ナノイー水分発生量を従来品比18倍にアップし、ナノイーの髪内部への浸透を高めたことで、毛髪の水分増加量1.9倍を実現した。これにより、髪のうるおいとなめらかさが向上したとしている。

発表会では、パナソニックの美容家電事業について林事業部長が説明した。

パナソニック(株)アプライアンス社 ビューティ・パーソナル事業部 事業部長 林眞一氏

ビューティ・パーソナルケア事業部は、パナソニックのB to C領域の製品群を取り扱うアプライアンス社の家電領域の中に、調理家電を扱うキッチン空間事業部、家事家電を扱うランドリー・クリーナー事業部とともに包含される。中でもドライヤーを中心とした美容のカテゴリーは「事業の中核をなす」と説明する。

美容カテゴリーはビューティ・パーソナルケア事業部の中核をなす

パナソニックのB to C領域の製品群を取り扱うアプライアンス社の家電領域にあるビューティ・パーソナルケア事業部

パナソニックでは1937年にホームドライヤーを発売、大風量やマイナスイオン搭載などのトレンドを経て、2005年に初めて「ナノイー」デバイスを搭載し、髪のケアにフォーカスしたヘアードライヤー「ナノケア」を発売した。パナソニック独自の「ナノイー」技術は、酸素に空気中の水分が融合したマイナスイオンの約1,000倍以上の水分量を持つ、水分子が微粒子化した「ナノイー」イオンを発生させるというもの。ナノイーイオンは髪に浸透すると水分を与えて、しっとりまとまる仕上がりにするという。

「ナノイー」が飛躍的に進化した

パナソニック独自の「ナノイー」技術

新製品では、新世代の高浸透「ナノイー」を採用。従来のコロナ放電から、マルチリーダー放電によるイオン発生とすることで、従来比18倍の水分発生量を実現。これにより「髪がパサつく」という悩みに応え、髪に驚きのうるおいとなめらかさを与える。

新ナノイーデバイスで水分発生量が従来比18倍に

髪の悩みの多くは「パサつき」だという

ヘアードライヤー国内市場状況や新製品の詳細について、岡林氏が説明した。

パナソニック(株)コンシューマーマーケティング ジャパン本部 ビューティ・パーソナルケア商品課 主務 岡橋藍氏

国内のドライヤー市場は、年間600万-800万台の安定した状況で推移。さらに1万円以上の高価格帯商品が台数、金額ともに伸長している。パナソニックではこの価格帯に同社「ナノケア」ドライヤーの最上位モデルとして今回の新製品を投入、従来の3機種展開から4機種展開とし、前年比110%の販売を見込む。

国内ドライヤー市場は年間600万-800万台の安定した市場

台数、金額ともに高価格帯が伸長している


新製品を最上位として4機種を展開

前年比110%の販売を見込む
また新製品導入においては、発売前から製品を体感できるタッチ&トライの場を設ける。外部のシェアリングアプリ「Alice.style」を活用した無料レンタル(7/23-9/30予定)や、ランニングステーション、ヨガスタジオ、スポーツジム、パナソニックが展開する「パナソニックビューティサロン銀座」などでのタッチポイント展開が予定されている。

新製品導入にあたり日本各地でタッチ&トライを展開する

関連記事