9.7mmの高感度ドライバーユニットを搭載

ソニー、Type-C接続のハイレゾイヤホン「STH50C」。DAC内蔵で192kHz/24bitに対応

編集部:平山洸太
2019年07月17日
ソニーは、USB Type-C接続のハイレゾ対応イヤホン「STH50C」を8月3日に発売する。価格はオープンだが、7,000円前後での実売が予想される。カラーはブラックのみ。

「STH50C」

USB Type-Cによって接続を行うことで、スマートフォンなどに直接接続できるイヤホン。Xperia 1など、上位モデルに多い3.5mmジャック非搭載のスマートフォンにおいても、変換ケーブル不要でそのまま使用できる。また有線接続のため、動画遅延の心配がないとしている。

USB Type-C対応のスマートフォンなどにそのまま接続ができる

イヤホン部には9.7mmの高感度ドライバーユニットを搭載。ハウジングに通気孔を設けるビートレスポンスコントロールを採用することで、メリハリのある低音再生を目指したという。

イヤホン部

USB端子部にはDACを搭載し、192kHz/24bitのハイレゾ再生に対応する。なお、このDACは発売済のネックバンド型2wayイヤホン「SBH90C」と同等とのこと。ケーブルには独立したグラウンドケーブルを採用し、クロストークの低減も図られた。

リモコンを搭載

ケーブルには再生/停止、ボイスアシスタントの起動などが可能なマルチファンクションキー、音量調節ボタンなどを備えたリモコンボタンを搭載。イヤーピースにはハイブリッドイヤーピースが3種類(S/M/L)付属する。再生周波数帯域は20Hz - 40kHzで、質量は約15.2g。ケーブルクリップも付属する。

関連リンク

関連記事