SkullcandyやMarshallも

<ポタフェス>Owltech、“てんこ盛り” ハイコスパ完全ワイヤレス/SOULは6色展開「ST-XX」一点突破!

編集部:風間雄介
2019年07月13日
“ポタフェス2019”「ポータブルオーディオフェスティバル2019 東京・秋葉原」が、ベルサール秋葉原にて、7月13日(土)と14日(日)の2日間にわたって開催されている。

Owltechは新たな完全ワイヤレスイヤホンが目玉

1FのOwltech(オウルテック)ブースでは、同社の現行イヤホンやBluetoothスピーカー、ネックバンド型スピーカーなどが一堂に会している。豪華賞品が当たる抽選会なども行われているので、ぜひチェックしてみよう。

そしてOwltechブースで注目なのは、まだ発売前の完全ワイヤレスイヤホン2機種が試せることだ。

Owltech(オウルテック)ブース

新たな完全ワイヤレスイヤホンが試せる

8月頃に発売となる「Samu-SE04」はBluetoothチップ「QCC3026」を搭載し、HDSSも採用。さらにグラフェン振動板を搭載し、防水性能はIPX7となっている。さらにイヤホン単体のバッテリー持続時間は8時間と、全体的にスペックが非常に高い。それでいて予定売価は10,800円となっており、コストパフォーマンスの高さが光るモデルだ。

Samu-SE04」

また、その先の発売となる新モデル「Samu-SE05」は、想定売価が6,980円前後。「中高生にも手が届く完全ワイヤレスイヤホン」をテーマに、こちらもハイコストパフォーマンス性を突き詰めている。

「Samu-SE05」

SOULは6色展開で6,980円の「ST-XX」一点突破!

モダニティは、これまでのポタフェスでは同社取り扱いのブランドを多数紹介してきた。だが今回は、SOULの「ST-XX」だけをフォーカスし、1製品のみを大きな面積のブースで展示するという大胆な方針に転換した。

モダニティブースはSOUL「ST-XX」一色

ST-XXはマットブラック、ピュアホワイト、ネイビーブルー、サクラピンク、ラズベリーレッド、レモンイエローの6色展開。特にイエローやレッドなど鮮やかなカラーリングは、ほかのブランドにはないため人気という。ブースの床もこの6色にするなど、同社の本気度が伺えた。

6色のカラーを用意。ポップなイエローなどは他ブランドにあまりない色だ

男性はもちろん女性にも似合う

本体もコンパクトでミニマルなデザインを採用。ケースの大きさは40W×34H×40Dmmで、イヤホンの重さは片側4g。価格は6,980円。

Skullcandyは人気モデルが勢揃い

高いデザイン性と、豊富なカラーリング、そしてもちろんそのサウンドで人気のSkullcandy。ブースでは、月ごとの12色のカラームード訴える展示が目立つ場所に置いてある。

Skullcandyブース

インスタに投稿で引けるくじも用意

7月のムードカラーはパープルだが、パープルカラーの完全ワイヤレスイヤホン「PUSH」も、発売してからすぐに人気となっているという。

パープルの完全ワイヤレスイヤホン「PUSH」

PUSHも豊富なカラーを用意している

また、イヤホンからスティックが伸びた形状の完全ワイヤレスイヤホン「INDY」も、Skullcandyブランドでアリながら9,980円という値付けになっているため、売れ行きが好調とのこと。いまはブラックだけだが、近日中に新色が出そうという話だったので期待したい。

「INDY」

Marshallは第3世代モデルを出展

Marshallは、第3世代となるヘッドホン「MAJOR III」などを展示。新色となるブラウンとホワイトも展示した。

Marshallブース

ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「MID ANC」

Bluetoothスピーカーは、小型化や防水対応を実現した第2世代「Killburn II」を展示。また、昨年末に発売した同ブランド初のノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「MID ANC」もフィーチャーしていた。MID ANCは、ポーチもMarshallらしいこだわり抜いたデザインとなっている。

第2世代Bluetoothスピーカー「Killburn II」

イヤホンはMarshallらしい低音が楽しめる

関連リンク

関連記事