日本市場に初の左右分離型が登場

e☆イヤホン、1MOREの完全ワイヤレスイヤホン「E1026BT-I」を6月1日から独占先行販売

編集部:小澤麻実
2019年05月31日
e☆イヤホンは、1MOREの完全ワイヤレスイヤホン「E1026BT-I」を6月1日から独占先行販売する。価格はオープンだが、市場想定価格は11,664円(税込)。1MOREの完全ワイヤレスイヤホンが日本国内で販売されるのは本機が初めて。

E1026BT-I

イヤホン部

ドライバーには、振動板のセンタードーム部にチタンを採用したφ7mm ダイナミック型を1基搭載。迫力ある低音と繊細なディテール表現を実現したという。インピーダンスは16Ω。

ドライバーの構造イメージ

筐体内部には、レーザーを用いて高精度に回路パターンを形成するLDS(Laser Direct Structuring)技術を採用した「LDS アンテナ」を搭載し、通信の安定性を向上させているとのこと。

また、耳孔に挿入するノズル部分は、外耳道に沿うようにハウジングに対して45度の角度をつけている。イヤーチップも耳のくぼみにフィットするイヤーフィン(S/M/Lサイズ)とイヤーピース(XS/S/M/Lサイズ)を用意し選ぶことができる。

使用イメージ


Bluetoothのバージョンは5.0。対応コーデックはSBC/AAC/aptX、対応プロファイルはHFP/A2DP/AVRCP。ステレオ接続モードのほか、本体の左右いずれかをヘッドセットとして利用できるモノラル接続モードも備えている。

イヤホン部に55mAのバッテリーを搭載し、約6.5時間の連続再生が可能。充電ケースには410mAのバッテリーを搭載しており、組み合わせると最大約24時間の再生が可能だ。

イヤホン部は外形寸法27W×23H×27Dmm、質量約6.2g。充電ケースは外形寸法68W×38H×40Dmm、質量約40.4g。

関連リンク

関連記事