早期実現が期待

パイオニアとキヤノン、自動運転のキーデバイス「3D-LiDARセンサー」を共同開発

Senka21編集部 徳田ゆかり
2019年04月17日
パイオニア(株)とキヤノン(株)は、3D-LiDARセンサーの共同開発契約を締結した旨を発表した。

3D-LiDARセンサーは、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるセンサー。このセンサーは米国の自動車技術会(SAE: Society of Automotive Engineers)が定めた自動運転レベルにおいて、緊急時以外は全ての自動運転をシステム側が行う「レベル3」以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスと言われている。

パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストなMEMS(Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)ミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進めており、昨年の9月より2018年モデルの提供を開始。この3D-LiDARセンサーを活用した高精度な「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」の開発も行っているという。自動運転事業をさらに加速するため、2019年1月に自動運転に関する研究開発、技術開発、事業開発を統合する新組織を設立した。

キヤノンは、長年培ってきた光学技術基盤を多様な産業領域へ融合・拡大することを進めており、特に自動運転に代表される技術革新により急拡大が期待される自動車関連産業への取り組みを強化しているという。

両社は本契約の締結により、パイオニアが量産化に向けて進めている3D-LiDARセンサーの開発を共同で行うとしている。パイオニアが保有する小型化技術やデジタル信号処理技術などの車載機器開発に関する知見やノウハウに、キヤノンが保有する光学の先進技術とノウハウが加わることで、高度な自動運転車両向けの小型で高性能な3D-LiDARセンサーの早期実現が期待される。

関連記事