価格は月6.99ドル

ディズニーのVODサービス「Disney+」が米国で11月スタート。2年以内に世界中で展開予定

編集部:平山洸太
2019年04月12日
米The Walt Disney Company(ディズニー)は、同社が展開を行う自社VODサービス「Disney+」を11月12日にアメリカで開始すると発表した。価格は月6.99ドル。なお今後2年以内には、世界のほぼすべての主要地域に展開する予定としている。

昨年11月に名称が「Disney+」と発表、また2019年後半にサービスがスタートするとしていたが、今回正確な開始時期や価格が公開された(関連ニュース)。

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナルグラフィックなどの同社コンテンツが配信され、コネクテッドTVをはじめ、ゲーム機など幅広いモバイル機器でも視聴できるとしている。通信の帯域幅に応じて最高の試聴体験ができるとしており、4K/HDRにも対応しているとのこと。また、年内に25以上のオリジナルシリーズ、10のオリジナル映画などがリリースされるという。

マーベル・スタジオからは、『The Falcon and The Winter Soldier』『WandaVision』やマーベル初のアニメシリーズ『Marvel’s What If…?』がオリジナルタイトルとして発表。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオからは、『Into the Unknown: Making Frozen 2』が発表された。

またピクサー・アニメーション・スタジオは、トイストーリーをもとにしたプロジェクト『Forky Asks a Question』、ナショナルジオグラフィックからは『The World According to Jeff Goldblum』『Magic of the Animal Kingdom』が発表された。

そしてディズニー・テレビジョン・アニメーションからは『The Phineas and Ferb Movie』(仮称)、スターウォーズ唯一の新シリーズ『The Clone Wars』、『High School Musical』、『Diary of a Female President』、『Iconic Art of the Movies』(仮称)、『Earthkeepers』(仮称)などのコンテンツが明かされた。

またシンプソンズの全30シーズンが、サービス開始初日から視聴できると発表。年内で7,500以上のテレビ番組、500本の映画がラインナップされるほか、2019年以降には『The Sound of Music』『The Princess Bride』『Malcolm in the Middle』など家族向けのFOXタイトルも並ぶとしている。
  • トピック
  • VOD

関連記事