有線モデル「G633s」「G431」「G331」も

ロジクールG、合皮製イヤーパッドで装着感を高めたワイヤレスゲーミングヘッドセット「G933s」

編集部:平山洸太
2019年02月06日
ロジクールは、ゲーミングブランド「ロジクールG」より、ゲーミングヘッドセット「G933s」「G633s」「G431」「G331」を2月26日に発売する。価格はすべてオープンだが、G933sは21,500円前後、G633sは17,880円前後、G431は11,130円前後、G331は9,130円前後での実売が予想される。

「G431」(左)「G331」(右)

「G933s」(左)「G633s」(右)

G933sはワイヤレスモデルとなり、前モデル「G933」からイヤーパッドの材質が変更、メッシュ素材から合皮素材になった。「柔らかな素材感により側圧を高めても締めつけ感がなく、安定かつストレスのない装着感を実現した」としている。


「G933s」
ドライバーには、新開発となる50mmの「Pro-G オーディオドライバー」を搭載。G933から10mmのサイズアップが行われることで、より迫力のある音が実現したという。低音が強化され、ノイズが低減、周波数特性の波も滑らかになったとする。また音圧感度は93dBとし、より繊細な音質だとアピールされている。

独自開発ソフトウェア「Logicool G HUB」をインストールしたPCで使用することで、「DTS Headphone:X 2.0」に対応する。最大11.1チャンネルのサラウンド再生により、相手の位置を正確に把握することができるとのこと。LIGHTSYNC技術により、1,680万色からカスタマイズ可能な、ゲーム内のアクションに連動したライティングもできる。


「G933s」の側面イメージ
PCとの接続は付属のUSBアダプターで行う。2.4GHzで接続が行われ、RGBライト使用で約8時間、ライト無しでは約12時間の連続使用に対応する。また3.5mmのアナログ入力にも対応し、こちらはバッテリーを使用せず使うことができる。

通話用のマイクには6mmのノイズキャンセリングマイクを搭載。マイクを折りたたんでヘッドセット内にしまうと、自動的にミュートにされる機能にも引き続き対応する。外形寸法は188W×195H×87Dmmで、質量は379g(ケーブルを除く)。充電用micro USBケーブルの長さは200cmで、3.5mmオーディオケーブルの長さは150cm。

また「G633s」は、G933sと同品質と謳う有線モデル。基本的な仕様は共通だが、PCとはUSBケーブルで接続する仕様となっている。3.5mmのアナログ入力にも対応する。外形寸法は188W×195H×87Dmmで、質量は344g(ケーブルを除く)。USBケーブルの長さは280cmで、3.5mmオーディオケーブルの長さは150cm。


「G633s」
そして「G431」「G331」は、50mmの大型ドライバーを搭載する、コストパフォーマンスが高いとするモデル。イヤーパッドには合皮素材が用いられ、6mmのノイズキャンセリングマイクが搭載される。


「G431」

「G331」
3.5mmのアナログ接続となっており、G431には7.1chのサラウンド出力に対応したUSBデジタル・アナログ変換器が付属する。マイクを折りたたんでヘッドセット内にしまうと、自動的にミュートする機能にも対応。ともに外形寸法は172W×182H×81.8Dmmで、質量は259gとなる。またケーブル長は200mm。

関連記事