CGのアーティストを鑑賞できるARフィギュアも

ドコモ、ライブの生配信をスマホでマルチアングル視聴できる「新体感ライブ」を提供開始

編集部:押野 由宇
2019年01月18日
NTTドコモは、音楽ライブの生配信をスマートフォンなどからマルチアングルで視聴できる「新体感ライブ」を、本日1月18日(金)から提供開始した。

新体感ライブは、アーティストの音楽ライブごとに個別に購入可能であり、さまざまなカメラアングルで音楽ライブの生配信をスマートフォンなどから視聴する「マルチアングルライブ」と、ARマーカーがプリントされたアーティストのグッズにスマートフォンやタブレットのカメラをかざすと、新体感ライブアプリの画面上で好きなアングルからアーティストの映像や演奏を楽しむことができる「ARフィギュア」を特徴とするサービス。

マルチアングルライブでは、アーティストのライブごとに個別課金で購入し、ライブ当日に音楽ライブの会場へ行けない場合も、さまざまなカメラアングルから生配信で音楽ライブを視聴できる。

また、音楽ライブが終わった後でも見逃し配信が楽しめる。利用する携帯電話会社を問わず、新体感ライブアプリをインストールしたスマートフォンやタブレット、またはパソコンから利用が可能。購入したアーティストの特典映像も視聴できる。

ARフィギュアは、マルチアングルライブとは別に購入可能な、ARマーカーがプリントされたアーティストのグッズにスマートフォンやタブレットのカメラをかざすと、新体感ライブアプリ画面上にCGのアーティストが出現し、好きなアングルからアーティストの映像や演奏を楽しむことができるというもの。

本サービスの第一弾として、「サカナクション(ライブ配信)」「SILENT SIREN(ライブ配信)」「STU48(ARフィギュア)」「[ALEXANDROS](ARフィギュア)」の4コンテンツを配信。今後も様々なアーティストのコンテンツ配信を予定している。

ライブ視聴に必要なライセンスキーに同梱されるアーティストのオリジナルカード「ライブカード」は、販売チャネルによって価格に差が設けられており、サカナクションが2月6日に行う『SAKANAQUARIUM 2018-2019 魚図鑑ゼミナール』は、新体感ライブサービスサイトで購入する場合は1,000円(税抜)、そのほかの販売チャネルでは1,500円(税抜)で購入できる。

本サービスにおいては、NTTぷららが映像配信プラットフォームおよびコンテンツ提供を、ライブ・ビューイング・ジャパンがコンテンツ提供、タワーレコードが販売、プロモーションというかたちで協業している。そのほかのライブカードの価格など、詳細はこちらから確認できる。


関連記事