メーカーアンケート(6)

<年頭アンケート:ピクセラ>ラグビーワールドカップ開幕も後押し。4Kチューナー内蔵テレビの市場形成が一段と加速する

Senka21編集部・竹内純
2019年01月09日
(設問)2019年に御社が注力するカテゴリーにおける市場環境や消費動向、消費者の意識の変化をどう見るか。また、そこでの需要喚起・市場創造へ向けた考えや取り組みについてご回答ください

(回答者)
株式会社ピクセラ
製品事業企画部門 副部門長
森 佳昭氏



2018年12月時点では、まだ4Kチューナー内蔵テレビを販売していないメーカーも、2019年内には各社より販売が次々に開始され、4Kチューナー内蔵テレビの市場形成が促進されると思われます。

送信側(放送局)では、日テレが今年9月に開幕する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に合わせて、2019年9月に4K放送を開始し、これにより民放5局の4K放送が出揃うこととなり、4K放送の機運がより高まると思われます。

以上より、2019年後半から2020年夏の東京オリンピック・パラリンピンクに至るまで、4Kチューナー内蔵テレビの需要がますます高まると考えています。

関連リンク

関連記事