評価請負と設計支援を展開

オンキヨー&パイオニア、品質評価代行サービスを開始。法人向けに製品開発をサポート

編集部:押野 由宇
2018年12月12日
オンキヨー(株)およびオンキヨー&パイオニア(株)は、品質評価の代行サービスを開始することを発表。本日12月12日よりサービスの受付を開始する。

同社が長年、AV機器を市場に送り出す中で培ってきた、製品開発に関する知識やノウハウを活用。製品開発を行いたいが十分な経験がない、評価する設備を有していない法人顧客に向け「品質評価の代行サービス」を行う。

サービスとしては、同社が保有する設備を使って製品試験を代行する「評価請負サービス」、様々な製品開発した経験を持つ人材が開発を支援する「設計支援サービス」を展開する。

同社が実行してきた製品評価と安全性・各種法規制のレビューを徹底して行うことで、安全で高品質な製品の市場導入に向けた知識や経験を活かして製品開発をサポートし、 “製品開発で困った” を共に解決していく、としている。

品質評価の代行サービス開始にあわせ、同社ホームページに、「法人のお客様」に向けたメニューが新設された。なお法人向けのサービスは順次拡大していく予定とのこと。各サービスの詳細はこちらから確認できる。

関連記事