製造コスト上昇のため

フォステクス、オーディオ製品を値上げ。12月1日より実施

編集部:押野 由宇
2018年11月01日
フォステクスカンパニーは、同社のオーディオ製品について、価格改定を実施。12月1日より値上げが行われる。

理由として、「製品の価格維持に極力努めてまいりましたが、昨今の製造コスト上昇により、従来価格の継続が困難となりました」と説明されている。

対象となるのはアクティブスピーカー「PMシリーズ」や、ヘッドホン、ヘッドホンアンプ、スピーカーシステム、および自作スピーカー「かんすぴ」関連、スピーカーユニット関連製品となる。詳細な製品名や改定後の価格はこちらから確認できる。

関連記事