11万円前後

FOCAL、ポータブル用途を想定した同社初のハイエンド密閉型ヘッドホン「ELEGIA」

編集部:川田菜月
2018年10月26日
ラックスマンは、同社が取り扱うFOCALより、ブランド初のハイエンド密閉型ヘッドホン「ELEGIA」を12月から発売する。価格はオープンだが、100,000円 - 110,000円前後での実売を想定する。

「ELEGIA」

同ブランドのハイエンドヘッドホンの第4弾モデルで、初の密閉型モデル。外出時の使用を想定して音作りを行っており、ポータブルプレーヤーとの組み合わせでパフォーマンスを最大限発揮できるように音質チューニングを施したとのこと。

ヘッドホン形状はアラウンドイヤー型を採用。ドライバーには、高純度銅フレームレスボイスコイルを用いたφ40mm M字型アルミニウム - マグネシウム・ドーム振動板を搭載する。

φ40mmM字型アルミニウム - マグネシウム・ドームドライバーを搭載

インピーダンスが35Ωと低く設定されていることも特徴で、ポータブルプレーヤーなどとの組み合わせにおいてもその性能を発揮できるとしている。

長さ1.2mケーブルを付属

外出時の使用を想定し、ポータブルプレーヤーとの相性を考慮したチューニングを施している

また、エルゴノミクスに基づいた設計を採用。頭部にフィットしなめらかな曲線を描くアルミヨーク部や、マイクロファイバーを使用し形状も最適化されたヘッドパッドやイヤーカップにより、長時間の装着でも快適にリスニングできるとしている。

ケーブルは長さ1.2mで、プレーヤー側端子には3.5mmステレオプラグを装備。3.5mm - 6.3mm変換プラグも付属する。インピーダンス35Ω、周波数特性は5Hz - 23kHz、感度は105dB SPL/1mW@1kHz。質量は430g。ハードケースが付属する。

関連リンク

関連記事